やっとオレにもボーカロイドの歌声が届いた 初音ミク -Project DIVA- f

やっとオレにもボーカロイドの歌声が届いた

初音ミクが生誕5周年なんだそうな。
しかしオレは最近まで初音ミクをはじめとしてボーカロイドの楽曲をまともに聴いたことがなかった。
それまでボカロ曲を耳にせず、音ゲー好きを自認しながらもProject DIVAを避けてしまっていたが、変わりつつある。

初音ミク -Project DIVA- f

PS Vitaの初音ミク -Project DIVA- fを購入してから10日たった。
先程このゲームのプラチナトロフィーを獲得したところだ。
購入したきっかけは、音ゲーが好きなこと、ボカロ曲に興味が高まりつつあること、今熱中するゲームが少ないことなど。

音ゲー好きが聞いてあきれる偏狭っぷり

いわゆる音ゲーが好きだ。
Guitar HeroシリーズやRock Bandシリーズとかギターコントローラーなどの専用コントローラーを使うものから、Wii MusicやらKinect専用のDance Evolutionといったものまで、音ゲーであればなんでも気になって実際にプレイして確かめたくなるので、実際にプレイしてどっぷり楽しむことが多い。
最近だとスマートフォンやタブレットにもクオリティが高くて楽しめる音ゲーが増えてきた。
大手だとKONAMIのjubeat plusのようなiPadだからこそ楽しめるものや、大手ではないインディーズ系デペロッパからもTone SphereやRhythm Controlといった優れた音ゲーがリリースされるので年がら年中音ゲー漬けである。
しかし、Nintendo DSやPSPなど携帯ゲーム機の音ゲーは意識的に避ける傾向になりつつあった。
ギターコントローラーやKinectを活用した体感型の音ゲーやスマホやタブレットをマルチタッチする音ゲーを好む一方で携帯ゲーム機のボタンをぽちぽちと押すタイプの音ゲーを敬遠するようになってしまっていた。
携帯ゲーム機の音ゲーって操作がやりにくく、譜面の視認性が悪く、そのくせ判定がシビアで楽しめないものになってきたと勝手に思っていた。

オレの不可聴域に入っていたボカロ曲

音楽を聴くのは好きで、iPhoneとiPod touchを両方持ち歩く。
楽曲とミュージックビデオを詰め込んでバッテリー消費と容量的にも二刀流が便利なのだ。
情報はCS放送のスペースシャワーTVが中心、いわゆるロキノン系、スペシャ系を猛プッシュしまくっている放送だ。
スペースシャワーTVでボーカイロイドの楽曲が流れるようになったのは最近のことで、まだ頻繁に流れてはいないと思う。
そんなわけでこれまでボーカイロイドの楽曲を耳にする機会があまりなかったが、ようやくスペースシャワーTVで流れるようになったりと状況は変化しつつある。
それには初音ミクを起用したGoogleのCMによって認知が高まっていることが影響しているのだろう。

ボカロ曲もボタンぽちぽち音ゲーも良い

初音ミク -Project DIVA- fは楽曲の聴きこ応え十分、音ゲーのシステムも馴染みやすくて素晴らしい。
PVのクオリティが高くてじっくり鑑賞するのもよい。
「PS Vitaの音ゲーはSEGAが一本取ったぞ。そろそろKONAMIもPS Vitaでなにか音ゲー出しやがれ。」という感じ。

PSO2 ファンタシースターオンライン2

PSO2はじまる

Diablo IIIを快適に遊ぶためにゲーム用PCを新調したのだが、Diablo IIIだけで活用するのはもったいない。
せっかくなので最近のPCゲームを遊んでみようかと考えていたところにPSO2のオープンベータテストが始まるということで、いい機会なのでプレイしてみた。

こんな無料で大丈夫か!?

PSOはおろかファンタシースターシリーズをプレイしたことがないが、基本的なシステムはMHF(モンスターハンターフロンティア)を親切簡単設計にした感じで、ロビーでクエストを受注して最大4人で狩りに行くというスタイルなので、すぐに馴染むことができた。
アクションもよく出来ており、操作は簡単だし、序盤のクエストはサクサク進めるし、敷居は低いと思う。
これが無料で遊べるわけだが、正式サービス開始後は有料アイテムの販売がはじまる。
正式サービス開始後も基本プレイは無料で、レベル上限や装備に差がないと公式に発表されており、そんな善良な課金システムで運営が成り立つのか心配してしまう。

PSO2 ファンタシースターオンライン2
(C)SEGA

PSO2 ファンタシースターオンライン2
(C)SEGA

PSO2 ファンタシースターオンライン2
(C)SEGA

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

Diablo III ディアブロ3

Evil is Back

前作の発売から12年。
ついに発売したDiablo III(ディアブロ3)
かつてDiabloとDiablo IIにハマった者として見過ごすことはできなかった。
発売日にダウンロード購入して早速楽しんでいる。

超親切設計

Battle.netの登録とか、始めるまでが面倒になったが、ゲーム内容は至ってシンプルになっている。
スキルツリーやステータスのポイント割り振りとか面倒なことは廃止。
アイテムの鑑定はその場で出来るし、巻物なんか要らない。
タウンポータルは巻物や呪文は要らず、全職業が使えるようになる。
クエストの目標の表示など、超親切設計になった。
ポーションがぶ飲みができなくなっているが、敵が回復アイテムを落としまくる。
面倒なことはバッサリと削ぎ落としているので、とことん集中して楽しめる。

ただひたすらダンジョンに潜る

敵を倒しまくってキャラクターを強化する。
一度プレイしたらなかなか止められない中毒性は健在だ。

Diablo III(ディアブロ3)

Diablo III(ディアブロ3)

Diablo III(ディアブロ3)

Diablo III(ディアブロ3)

PS Vitaとか Xbox 360のアケコンをPS3で使ってみたりとか

今年初の更新となる。
更新をサボっていたので「新年おめでとう」というにはすっかり遅くなってしまった。
さてさて、昨年末に購入したPlayStation Vitaはゲームライフの重要なポジションを取りつつある。

ロード オブ アポカリプス

お手軽モンハン風アクション。
PS Vita版はグラフィックが向上しているし右スティックが使えるので操作性も良い。
ただしPS Vita版はアドホックパーティーに対応していないのが残念。
ストーリーもあるので、ひとりでもそこそこ楽しめた。
後半は敵が堅くなってくるので属性を考えた装備が必要となる。
テクニックよりも敵の弱点を攻める装備が重要だと思う。

ロード オブ アポカリプス

Unit 13

ガチムチおやじ共が銃火器をぶっぱなす本格ミリタリーTPSがPS Vitaにやってきた。
FPS/TPS好き期待のタイトルだ。
体験版をやってみていい感じだったのでおかげで安心して購入できた。
オフラインはひとりプレイで、オンラインはふたりで協力プレイできる。
敵に発見されるとゲームオーバーとなるミッションもあるので、基本的に隠密行動を心掛けて行動する。
派手な演出とか一切ないが緊張感のあるミッションを高得点を目指して繰り返し楽しめる。

Unit 13の隊員は全員「おっさん」
Unit 13

Unit 13

Xbox 360のアーケードコントローラーをPS3で使うには

Xbox 360のリアルアーケードPro. EXをPS3で使えるといいな~と思ってコンバータを試してみた。
Controller Converter Adapter Cable for PS2 to Xbox360という製品で、Amazonで1,680円から販売されているようだ。
結論から言えば大当たりの製品で、快適に遊べている。
スティックやボタンは問題なく全て使える。
さらに言えばXbox 360の「しいたけボタン」がPSボタンとして動くので完璧である。
この手のコンバータの中では安価なので意外であった。

Xbox 360の有線コントローラーをPS3で使えるほか、PS2のコントローラをPS3やXbox 360で使うことも可能。
Controller Converter Adapter Cable for PS2 to Xbox360

格闘ゲームを遊ぶことが少ないので、ほとんど新品に近い状態。
Xbox 360とPS3で同じスティックを使えるのはありがたい。
リアルアーケードPro. EX

WRC 2 FIA World Rally Championship

FIA世界ラリー選手権公式レースゲームのWRC 2をちまちまと遊んでいる。
DiRT 3に比べると見た目は地味だが、クルマの挙動はこちらのほうが好みだ。
サイドブレーキを使ったドリフトやスピンターンがやりやすいのでグリップ走行せずにドリドリと楽しんでいる。
Driving Force GTとの相性はまぁまぁと言ったところ。
ところでPS3の日本語版を購入したのだが、オンライン対戦が一切できない。
日本の公式サイトの情報ではオンライン対戦の不具合は認めているものの改善される見込みはわからない。
マイナーなタイトルだから騒ぎにならないものの、発売してから1ヶ月になろうかというのにまずい対応だと思う。

WRC 2 FIA World Rally Championship

PlayStation Vita スマートフォン時代の携帯ゲーム機

待ちに待ったPlayStation Vita(PS Vita)がついに発売!!
某大手家電量販店の通信販売で予約していたので並ぶこともなく楽々ゲット。
ちゃんと午前中に届いたので一日中いじくりまわした。

PlayStation Vita(PS Vita)

肝心のゲームタイトルは「みんなのGOLF 6」と「F1 2011」をダウンロード購入した。
以前から携帯ゲーム機でカートリッジの入れ替えをするのは面倒に感じているのでダウンロード販売に力を入れて欲しいと思っていたが、ロンチタイトルの全てがダウンロード販売しているのはありがたい。

PlayStation Vita(PS Vita) みんなのGOLF 6

PlayStation Vita(PS Vita) F1 2011

5インチの有機ELディスプレイはスマートフォンよりもひとまわり大きくタブレットよりも小さい。
この5インチという大きさはビジュアルの迫力と携帯性のバランスを取った大きさだと感じる。
iPhone4のRetinaディスプレイに匹敵する高精細なディスプレイとグラフィックの向上は素晴らしく、まるでPS3のゲームがそのまま手に平サイズに収まったかのようだ。

気になっていた操作性はスティックが操作しやすいし、待望の右スティックを搭載。
ボタンの配置は見た目は窮屈だが実際に操作してみると同時押しがやりやすく悪くない。
タッチパネルの反応も良好で、PS3に比べてボタンが少ないところをタッチパネルで補っていけるのではないか。

初期搭載されているウェブブラウザはWebKitベースということで期待していたが残念ながら使い勝手はイマイチだ。
スマートフォン感覚では使えないし、PC感覚でも使えない。
Google ReaderやGmailとかをまともに活用できない。
TwitterはPS Storeで単体アプリが配信されており、一通りの機能は備えている。
ウェブブラウザやTwitteアプリは縦持ちに対応してフリック入力できるようになればスマートフォンの代替として使えるだろうけど、現状はできないし、そこまでしてスマートフォンに対抗する気があるのだろうか?

それはさておきデジタルガジェットをいじくりまわしてゲーム充して至福の一日であった。

ひと足お先に第三次世界大戦 Call of Duty: Modern Warfare 3 (CoD:MW3) コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3

いよいよ毎年恒例、今年もCall of Dutyの時期がやってきた。
海外では11月8日にCall of Duty: Modern Warfare 3(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3)が発売されて、なんと初日で650万本を売り上げたということで昨年のCall of Duty: Black Opsの初日記録560万本を超えたのだとか。

Call of Duty: Modern Warfare 3

日本での発売は一週間以上遅れて11月17日に発売される予定だが、少しでも早くプレイしたいということで・・・
もう毎年のことだが海外版を購入している。
本日到着したので、早速プレイしてひと足お先に楽しんでいる。

Call of Duty: Modern Warfare 3

やはり気になるのはキャンペーンのストーリーだ。
いきなり戦火の真っ只中からスタート
これはもうWW3(第三次世界大戦)ですな!!
Call of Duty: Modern Warfare 3

高層ビルが建ち並ぶ大都会でヘリの空中戦。
ホント 戦場は地獄だぜ! フゥハハハーハァー
Call of Duty: Modern Warfare 3

モダン・ウォーフェアと言えば、このお方たちが居なけりゃはじまらないぜ!!
もはや定番となったかプライスとソープの潜入ミッション。
Call of Duty: Modern Warfare 3

拡大する戦火、世界の運命は?
はたしてプライスとソープはマカロフの野望を食い止められるのだろうか?
オンライン対戦もやりたいのだが、ストーリーが気になるのでこれからキャンペーンをブッ通しでプレイしたい。

Forza Motorsport 4 絶滅危惧種の自動車民族に残された最後の砦

グランツーリスモ5をプレイしてレースゲームに目覚めて早10ヶ月。
その後もShift 2 UnleashedやDirt 3などを楽しみ、本格的にレースゲームというジャンルに興味が湧いてきた。
そんなわけで注目していたForza Motorsport 4が発売されたので、もちろん速攻でゲット!!
同時発売された新しいステアリングコントローラーのXbox360ワイヤレススピードホイールも一緒にゲット!!
Forza Motorsport 4 Xbox360ワイヤレススピードホイール

ピカピカ!! テカテカ!! 美しすぎるグラフィック

まず驚いたのはグラフィックの美しさ。
あまりにも過剰すぎると思える光と影の表現がクルマを美しく彩る。
非常に明るく鮮やかな色彩で芸術品のようである。
このグラフィックを現世代の家庭用ゲーム機で実現したのが驚きだ。

Forza Motorsport 4

Forza Motorsport 4

Forza Motorsport 4

いつものことだが超初心者で大丈夫か?

A級もとい永久初心者の腕前を持つ私。
最近のレースゲームは初心者向けのアシストが充実しているので心配ない。
極め付けはリワインド機能だ。
失敗したら時間を巻き戻してやり直せる。
私は惜しげもなくリワインド機能を使いまくっているので、これができないレースゲームはストレスが溜まってプレイできなくなりそうで怖い。

お気楽ステアリングコントローラー

同時に購入した新しいステアリングコントローラーのXbox360ワイヤレススピードホイールの使い心地について。
マリオカートWiiの空中ハンドルみたいなものかと侮っていたが、予想以上にまともな操作が可能だ。
ステアリングのコントロールはなかなかの精度で、パッドで困難になりがちなオーバルコースのコーナーリングなどで絶大な効果を体感できた。
L/Rのトリガーのストロークは深いのでアクセル、ブレーキも快適に操作できる。
気になったのはコーナーを抜けた後に不安定になりやすいこと。
私の腕が未熟というのもあるが、クルマが速くなればなるほど意識して切り戻しのタイミングを合わせる必要がある。
これが本格的なステアリングコントローラーであればフォースフィードバックによって中央に戻る力が働くため切り戻しやすいのだが、ワイヤレススピードホイールは空中ハンドルなので全て自力で戻さないといけない、これが難しい。
とはいえ私の場合はパッドで操作するよりも速く走れると思うし、なによりも断然面白いので、ワイヤレススピードホイールをガンガン使っていきたい。

絶滅危惧種の自動車民族に残された最後の砦

素晴らしいプロモーションビデオ。
アストンマーチンかっこいいよ。
なにげにパトカーもいい動きしているし、撮り方がかっこよすぎる。
そして自動車民族の悲哀をよく描いている。
現実は悲しいのでゲームに逃避しましょう(笑)

Gears of War 3 これが最後のプランB?! ローカストよ。永遠に。

Xbox360の看板タイトルGears of War 3の発売だ。
前作は日本語版の発売が危ぶまれる事態もあったが、今回は早くから発売決定が発表された上に、世界同時発売なんて素晴らしい。

激しさが大幅にアップした「キャンペーン」モード

あいかわらずのガチムチ兄貴達が、これまたガチムチなローカストという地底人や前作から登場した突然変異体であるランベントと戦う血肉飛び散る激しいガチムチバトルですな。
素晴らしい吹き替え音声と丁寧なローカライズ。
さすがファーストパーティーの看板タイトルだけあっていいシゴトしている。
前作から大幅に変わったと感じるのはカバーしてちまちま撃つ戦法が通用しない場面が増えたこと。
カバーしていても新しく導入された敵の強力な攻撃でブッ飛ばされることがあったり、ほとんどカバーできない状況で大型の敵を相手にする場面もある。
前作から大幅に進化したランベントはキモさが大幅にアップ。
存在感が低下したローカストも負けてはいない。
今回はローカストホールから這い出てくるのではなく、直接地面からぽんぽん飛び出してくるのが楽しい。
とにかく激しさアップ。
カバーして遠距離でちまちま撃つのではなく、近距離でやり合うこと必至。
動きまくらないとやられるので面白くなった。

Gears of War 3

進化した「HORDE」モード

協力プレイで押し寄せるローカストの大群を倒しまくる「HORDE」モード。
かなり仕様が変わって陣地を設置して守る感じになった。
ローカストを倒して得たクレジットを消費してバリケードや自動機銃を設置してローカストを迎え撃つ。
陣地を構築する戦略性やウェーブが進むとボス級ローカストも登場したり面白さが増した。

Gears of War 3

ローカスト万歳の「BEAST」モード

「BEAST」モードは「HORDE」モードと逆の立場となる。
ローカストを操って人類が立てこもる陣地へ攻め込むのだ。
最初はしょぼいバリケードや弱っちい難民が相手だが、ウェーブが進むとバリアやタレットで守りを固めた陣地にマーカスをはじめヒーローが登場して厄介になってくる。
敵を倒したり設備を壊してクレジットをどんどん稼いでいけば強力なローカストを呼び出せる。
序盤は雑魚しか使えないが、十分にクレジットを稼げば終盤にはベルセルクで大暴れすることも可能だ。
自分は序盤はティッカーで特攻、中盤からはカンタスで後方支援、コープサーで突っ込むか、ブーマーで遠距離からブームショットって感じでやっている。
圧倒的パワーでグランドウォーカーをぶっ飛ばすのが楽しい。

Gears of War 3

文句なしのシリーズ最高傑作

キャンペーンは激しさを増してより面白くなった。
オンラインのマルチプレイは協力プレイが充実して対戦が苦手なプレイヤーも存分に楽しめるようになった。
カジュアルゲーマーからハードコアゲーマーまで楽しめそうだ。

Gears of War 3

RESISTANCE 3とZoom for Xbox360

いよいよ今年も「ゲームの秋」が始まった。

シングルプレイは良いRESISTANCE 3

自分の「ゲームの秋」第一弾はPS3のRESISTANCE 3(レジスタンス3)だ。
前作の続きなんだが、ゲームシステムは大幅に変わっている。
一番大きな変更はライフの自動回復がなくなったことだ。
減ったライフを回復させるにはいちいち回復アイテムを回収しないといけない。
しかも回復アイテムを持ち歩くことはできない。
むやみに敵の銃撃に身をさらすと簡単にやられてしまうので慎重に行動しないといけない。
前作に比べて大幅に緊張感がアップしたと感じるところだ。
もうひとつ大きな変更は全ての武器を持ち歩くことができること。
自分の好みの武器を使い続けるのも良いが、弾薬に限りがあるため色々な武器を使っていくことになるだろう。
これによって戦術に幅が広がるし、敵や状況に合わせて即座に武器を変更できるのは便利だ。
マルチプレイの対戦は前作よりも良くなっているし、Call of Dutyシリーズに近い感覚でプレイできるが、マップの作りが単調だし、成長システムやキルストリークが自分の好みに合わない感じだ。

Kinectの省スペース化に効果大Zoom for Xbox360

コントローラーを使わず、自分自身の体を使って直感的に遊べるKinectは素晴らしいのだが、スペースの確保が難題である。
自分はテレビの後ろの壁にKinectを設置してスペースを確保しているものの、設置方法に自由度がないため省スペース化できるものならなんとかしたいと思っていた。
「Zoom for Xbox360」はKinectに取り付けるレンズで、距離を40%カットできるというもの。
Amazonでポチっておいたのが届いたので早速試してみたところ、Kinectの視界が広角になるようで、1.5m程度あれば全身をカバーできるくらいになった。(本来2m程度必要)
2m程度あればふたりプレイも可能な感じだ。(本来2.5m程度必要)
部屋の狭い日本の家庭でKinectを楽しむ助けとなりそうだ。

DiRT 3 クルマで疾走する快感をお手軽に

Driving Force GTを入手してからというもの、ひたすらレースゲームをプレイしまくりのこの頃。
またまた買ってきましたレースゲーム。
オフロードレーシングゲームの人気シリーズDiRTの最新作であるDiRT 3だ。
で、またまた海外版を買ってきた。
日本語版の発売は8月25日ということで、9月からは期待の超大作タイトルが発売ラッシュとなるので8月25日発売だと時期的につらいよなぁ~ということで海外版なわけ。
日本語にローカライズする作業に時間がかかるのはわかるし、海外版ばかり購入してホント申し訳ない気持ちでいっぱいだが、今年の秋冬のラインナップは凄まじいから、今プレイできるゲームはできるだけ今のうちに消化しておきたい。

DiRT 3 PEUGEOT 207

超初心者で大丈夫か?

オフロードってことで、まずはラリーだけど、実はかなり苦手意識があった。
これまでサーキットをしっかりグリップして走るレースゲームばかりプレイしてきたので、ラリーのゲームってドリフトで滑りまくってコーナーリングするんでしょ? なんてイメージしていた。
でも、DiRT 3をプレイしてみるとそんな心配は一気に吹き飛んだ。
基本的にグリップ走行で安全運転しても全然オッケー!!
そして初心者ご用達のアシストと難易度の設定が素晴らしい。
極め付けはフラッシュバック機能だ。
失敗したら時間を巻き戻してやり直せる。
おかげでミスしてもイライラすることもなく全然ストレスがたまらない。

Driving Force GTとの相性

一番気になるのはハンドルコントローラの対応なんだけど、ハンコンの対応がしょぼいとモチベーションが大幅にダウンしてしまうというか、もうプレイする気が失せてしまう。
そのせいでShift 2 Unleashedをすっかり遠ざけてしまった。
さて、DiRT 3をDriving Force GTでプレイすると強力なフォースフィードバックでトラクションの具合がはっきり身体で感じられる。
グラベル(砂利道)とターマック(舗装路)が混在しているコースなんかでは挙動の違いが分かりやすいので、路面に合わせて走行できるし、コーナーリングでタイヤが滑りだしてもカウンターステアで修正する操作が自然とやりやすい。

オフロードの醍醐味

ロケーションや天候、そして砂埃や雪が舞う表現が多彩だ。
砂利道を泥を飛ばしてジャリジャリと走ったり。
DiRT 3 Lancia Delta HF Integrale

雪上のレースで激しいバトルを楽しんだり。
DiRT 3

水たまりもなんのその。
DiRT 3

クルマも最高

60年代のミニ・クーパーSが快走!!
クラシックな見た目が可愛らしいけど、しっかり走るね。
DiRT 3 MINI COOPER S

PS3版だけど、グラフィックはとても良いと思う。
PC版はもっと凄いのだろうね。
ワイパーの動きとか細部まできっちり表現している。
DiRT 3 CITROËN C4 WRC

もちろん車内もバッチリ。
ラリーではコ・ドライバー(ナビゲーター)がペースノートを持って同乗しているよ。
DiRT 3 CITROËN C4 WRC

これは簡単!! YouTubeにアップロードできちゃう

DiRT 3はリプレイが素晴らしいのでついつい見とれてしまう。
ただ見るだけではない、なんとリプレイをYouTubeにアップロードする機能があるのだ。
と、いってもリプレイから任意の30秒間だけ切り出してアップロードできるというものだが、ゲーム機単体だけでYouTubeに簡単にアップロードできるのは良い。
というわけで試しにアップロードしてみた。

クルマで疾走する快感をお手軽に

オフロードレーシングゲーム初心者も楽しめるDiRT 3にすっかり夢中。
DiRT 3はシビアな挙動のリアル系レースゲームとアクセルベタ踏みのアーケード系レースゲームの中間を上手いこと実現しているなと思う。
いやぁ、この調子だとますますレースゲームにどっぷりハマっていきそうである。

DiRT 3 CITROËN C4 WRC