FINAL FANTASY XIV: 漆黒のヴィランズ

FINAL FANTASY XIVの新拡張パッケージ「漆黒のヴィランズ」が今月末から始まる。

毎度のことながら新拡張パッケージに先立って公式ベンチマークソフトが公開された。動作環境をチェックするためのベンチマークソフトであるが、それだけでなく新しく追加される種族のキャラクターメイキングができて、作ったキャラクターはゲーム本編でも使えるようになるので、こちらも楽しみなのだ。

新しく追加されたふたつの種族のひとつロスガルは大型で獣のような顔をしている。いわゆる獣人ですな。はじめてロスガルを見た時の自分が思ったのはEverQuestのVah Shirやん。Vah Shirってのは虎みたいな顔の獣人なんだけど、EverQuestにはトカゲの獣人なんかもいましたが、洋ゲーだとプレイアブルな獣人キャラは一定の需要があるんですよ。でもってFINAL FANTASY XIVでちゃんと顔が「けもの」になっているプレイアブルな獣人としてはロスガルが最初で最後になるようです。残念ながら種族の追加はこれが最後なんだそうです。

漆黒のヴィランズに合わせて5年ぶりにゲーミングPCを新調した。ベンチマークの結果は最高画質でも非常に快適!!

これなら余裕で大丈夫だわ。漆黒のヴィランズ楽しみ~。

カテゴリーGame

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。