ザ・パシフィック 続・お涙ちょうだいの戦争ドラマはいらない

先日も書いたがWOWOWで放送している超大作戦争ドラマ「ザ・パシフィック」を毎週じっくり観ている。
ついに最終回を迎えることになったが、最終回は戦争が終わった後のお話なので太平洋戦争の戦闘シーンは前回で終わりである。
というわけで、自分としてはもう終わったようなもんなので、ここいらでうだうだと書いておきたい。

さて後半戦だが5話から7話は米海兵隊が凄まじい被害を出したペリリュー島の戦いを描いている。
第1話のガダルカナル島では米軍のブローニングM1917重機関銃の前に日本軍はバタバタと倒れていくシーンがあったけど、ペリリュー島において日本軍は無謀な突撃をやめて要塞化した陣地を構築してガチガチに守りを固めて立てこもって激しく抵抗したので、海兵隊はとてつもない被害を出してしまった。
ドラマでは砲弾や銃弾が降り注ぐペリリュー島の飛行場を横断するシーンがプライベート・ライアンのノルマンディ上陸作戦のシーンのように凄まじいものだった。
ちなみに硫黄島のシーンは8話のみであり、しかも短いが硫黄島の戦いは映画で有名だし、まぁいいんじゃないかな。
ザ・パシフィック ペリリュー島

日本軍兵士の描写について、前回も書いたが不自然というかなんというか、例えるとFPSゲームの敵キャラみたいな感じがする。
FPSゲームの敵キャラってのはみんな顔が同じで、襲いかかってくる時に発するセリフが不自然で、総じて不気味に感じるのである。
もう人間というか人として描いていないので、クリーチャーと言ってもいいくらい。
当時のアメリカ人から見て日本軍兵士はそのように見えたのだろうか。
「ザ・パシフィック」と同じ制作スタッフが作った「バンド・オブ・ブラザース」のドイツ軍兵士とはあまりにも違いすぎる。
ザ・パシフィック ペリリュー島

ドラマではペリリュー島や沖縄において火炎放射器を使って火炎をトーチカに放つシーンが見られた。
これはトーチカや洞窟に陣地を築いて立てこもる日本軍に対して火炎放射器で焼き払った後に入り口を爆破する「トーチランプ&栓抜き戦法」で多用された。
トーチランプ&栓抜き戦法、これを英語でBlowtorch & Corkscrewという。
話は変わるが第二次世界大戦を描いたFPSゲームのCall of Duty: World at Warの中でBlowtorch & Corkscrewというタイトルのミッションがあるのだが、高い難易度(ベテラン)でプレイした時に最も苦戦したミッションなのでよく覚えている。
そのゲームの中でも日本軍の抵抗は激しく手強かった。
ザ・パシフィック M2火炎放射器

さて「ザ・パシフィック」の主人公について。
主人公は3人。
まずは、ロバート・レッキーから。
前半戦では登場シーンが多く、ガダルカナル島の戦いや、戦闘以外では特にメルボルンで大活躍(笑)
グロスター岬で精神を病み、夜尿病を患って病院送りになったりと、戦闘シーン以外での描写が印象に残る。
ザ・パシフィック ロバート・レッキー

演じているのはジェームズ・バッジ・デール。
私は24のシーズン3でジャック・バウアーにたてつきまくったチェイス・エドモンズの役が記憶に残っているが、「ザ・パシフィック」では表情が豊かで良かったと思う。
日本軍の拳銃を見つけたら密かに上官に没収されてしまったが、それを密かに取り返したりと型破りなキャラで面白い。
私は3人の主人公なかでは一番好きなキャラクターである。
ザ・パシフィック ロバート・レッキー

お次はジョン・バジロン。
まさに模範的なガチムチマッチョなアメリカ軍人を絵に書いたような人物。
ガダルカナルの戦いの功績により勲章を受けた後、国に戻って戦時国債のキャンペーンで貢献するよう命じられてしまう。
そしてアメリカ国内では有名人となり除隊の日も近づいてきたが、再び戦地に赴くことを希望し、直接戦場で戦うことで国に貢献したいと考えているまさに英雄である。
ドラマでは死亡フラグをこれでもかってほど立てまくって硫黄島の戦いに参加したので、肝心の硫黄島の戦いのシーンが短くなってしまったがね。
ザ・パシフィック ジョン・バジロン

ジョン・バジロンの得意な武器は重機関銃だ。
日本軍を苦しめた重機関銃だが、基本的には固定して撃つものであり、持ち運びながら撃つことを想定したシロモノじゃない。
しかし、バジロンは時にはひとりで抱えて撃つこともできたのだから、これはもうリアルランボーである。
ザ・パシフィック ジョン・バジロン

最後はユージン・スレッジだ。
前半では裕福な家庭で育ったお坊ちゃん風に描かれており、彼の両親は反対だったが当時の多くの若者がそうだったように戦場へ行くことを希望した。
そして海兵隊へ入隊して初陣が激戦のペリリュー島というから、よく生き残れたものだ。
彼が所属していたのは迫撃砲の部隊なので戦場では最前線より少し後方なんて言っていたが、ドラマではそんなこと関係なく砲弾が雨のように降ってきて死にまくっているからね。
演じているのはジュラシックパークの子役だったジョゼフ・マゼロである。
大きくなってまたスピルバーグの作品に出演できたのね。
ザ・パシフィック ユージン・スレッジ

ユージン・スレッジの所属した部隊は頼れる隊長や古参兵の軍曹が居る部隊であったが、隊長は戦死し、軍曹は戦意を喪失して戦えなくなってしまった。
古参兵でもオカシクなるほどのペリリュー島から生還した時のユージン・スレッジの表情が印象に残る。
ザ・パシフィック ユージン・スレッジ

ユージン・スレッジは沖縄戦にも参加した。
ドラマでは第9話が沖縄戦を描いており、ほぼ全て戦場のシーンなのだが・・・
何もかもがつらい内容なのでブログでは言及できない。
色々と言いたいこともあるのだが、沖縄というのは現在もデリケートな問題を抱えているわけで、ド素人がふざけた文章をぶちまけると誤解される恐れもあるので心にしまっておきたいと思う。

で、まとめると「ザ・パシフィック」は戦争ドラマとしては面白くない。
戦争ドラマとしては「バンド・オブ・ブラザース」のほうが楽しめる。
しかし、「ザ・パシフィック」が描いた太平洋戦争の戦闘の凄まじさは戦争映画・戦争ドラマファンなら一見の価値はあると思う。
ただし沖縄戦の描写はテレビドラマというエンターテイメントの枠を超えてしまったと思う。
それでも観て良かったと思う。
とりあえず日本のお涙ちょうだいの戦争ドラマなんかよりも観る価値はある。

17 Replies to “ザ・パシフィック 続・お涙ちょうだいの戦争ドラマはいらない”

  1. 「こぐま」さんは日本の恥です。
    なにが「日本のお涙ちょうだいの戦争ドラマなんかよりも観る価値はある」だ!!
    「ザ・パシフィック」より「男たちの大和」・「映画、大日本帝国」を見てろ!!
    旧日本兵の英霊たちがこんな映画を日本人が見ているなんて天国で悔しさのあまりに泣いてるぞ!君はこの映画を見ていて悔しくないのかあああ!!!!
    君のこの言葉だけはどうしても許せない!!!⇒「日本軍兵士の描写について、前回も書いたが不自然というかなんというか、例えるとFPSゲームの敵キャラみたいな感じがする」
    「FPSゲームの敵キャラってのはみんな顔が同じで、襲いかかってくる時に発するセリフが不自然で、総じて不気味に感じるのである」
    「もう人間というか人として描いていないので、クリーチャーと言ってもいいくらい」
    「当時のアメリカ人から見て日本軍兵士はそのように見えたのだろうか」
    こんなところでうだうだ書いているんだったら靖国神社に行って英霊に感謝して参拝しやがれええ!!アメリカ側の犬めええ!死ねええええええええええええ!!!!!!!!!!!

  2. ↑全くだな、この非国民めが!
    日本人なら祖国のために散華した先駆者を奉れ!
    己が今ヌクヌクと生きて居られるのも同胞の尊い
    犠牲の上にある事を忘れるな!
    今、中国や北朝鮮と戦争になったら命を捨てて
    戦う覚悟があるのか?平和ボケの私利私欲に
    塗れた腰抜け現代人には無理だろう!
    まだ中国・北朝鮮の方が根性あるぞ!

  3. このドラマを見て戦争の怖さが改めてわかった。誰も戦いたいわけじゃないのになんでこんなにも傷つけあうんだろうね。この作品は技術素晴らしいけど日本兵の扱いが酷すぎてモヤモヤした気持ちになりました。最後に、爆弾が落とされたことに対しては悔しかったり憎かったりするけど、よく考えると爆弾が落とされたからこそこの平和があるんだと思います。天国の日本兵の皆様ありがとうございますそしてお疲れ様でした。

  4. この作品は、

    ”戦争というものはこうなんだ。一旦、戦争を始めるとこうなるんだ。
    それが、正義のためだろうが、そうでなかろうが、こうなってしまうんだ。
    そのことをそれぞれの心にしっかりと刻んでおいて欲しい。”

    そう、言いたかったのだと思う。

    この作品だけではない。

    NHKスペシャル証言記録 などのドキュメンタリーを見て感じることは、戦争は美化するべきものではなく、その勝利は決して誇れるものではない。
    戦争は人の心や人生に否応なしに踏み込んできて、踏みにじり、それはその心に決して拭い去れないほどの傷跡を残す。

    戦争で苦しく辛い思いをされた方々のインタビューを聞いてその心の一端に触れることができた時、涙を抑えられなかった。

    戦争で辛い思いをされた方や亡くなられた方々にはとても頭が下がります。

    戦争は、それぞれいろんな国々の思惑や民族の思想、主義主張がぶつかり絡み合うことによって始まるのだろうが、一旦、事が起こるとまるで燎原に火を放ったが如く気がついたらもう止められなくなってしまう。

    戦争は、 ”してはいけないんじゃない ”・・・始めさせてはダメなんだと思
    った。

  5. まささんへ
    貴方が冒頭で仰っているいうような「メッセージ」があるとしたなら逆に
    ファック、モンキ­ー、ジャップ、と汚くののしられながら一方的に日本人が
    殺されていくそんな差別的な物を日本人が肯定しては駄目なんです。
    貴方が何故そのような事を言うのか理解できません。
    反戦を訴えるなら他にも沢山の方法があるにも関わらず、このような描写を
    したという事が問題なんです。ヒトラーのユダヤ人虐殺は許されないが、
    広島、長崎への原爆投下は国際的に「悪」ではないと認められています。
    親米教育を受けて来た影響があるにしても、もう少し考えるべきです。

  6. 確かに日本の兵士さんの描き方が雑な感じはあると思いました。
    アメリカの兵士の実体験を基に作っていった作品だからやっぱりアメリカ視点は抜け出せない感はあったのかなと。
    でもジャップとか蔑称を使うのは実際のアメリカの兵士が言ってたことで、そんな蔑称を何回も連発する描写があるのは、今のアメリカ側にとっては汚点のようなものだと思います。
    敢えてそれを省かなかったのは、そんな蔑称を暴言を簡単にはいていがみ合うなんて、戦争は恐ろしい。ってこと言いたかったのかも
    このドラマ見て思ったのはザ・パシフィックは戦場に出て行った兵士の心の変動をメインに描いてたなと。人の命をおもちゃの様に扱ってまうし、戦場に立てば人は鬼にもなってまうんだなと。
    暗いドラマだけど、改めて戦争について考える機会を与えられた気がしました。
    これが今の感想です。戦争や歴史についてもっと学ばねば。

  7. このドラマに対してこれほどの酷評コメントがあることに驚きました。
    私はあえて日本兵をくまさんが言うようなクリーチャー的存在に描かれたのは仕方ないと思ってます。
    本質から外れそうで下手に日本兵を浮き出させてほしくなかった。
    逆に言えば日本側から見た「ザ・パシフィック」というドラマもあってもいいと思う。
    描こうとする視点がウロウロしてしまうのが日本のドラマ、特に戦争もの。
    だからお涙ちょうだいドラマと言われてしまう。
    戦争の本質を知りたければ、数少ない戦争経験者の話をこの耳で聞く方がいい。
    それを映像化しようとしたのがこの「ザ・パシフィック」だと思う。

  8. 祖国のためなんて笑わせるぜ。
    日本軍の実態も知らんニセ愛国者どもが。
    いまでも少数の日本人(遺族を中心に)は「欧米が日本を戦争へと追い詰めた」と信じたがっている。
    自分の国が元凶であったことを認めるには勇気が必要だろうが、よく引き合いに出される植民地解放戦争との口実だが、第1次世界大戦を最後に帝国主義時代は終わっている。
    日本は、建艦制限を提唱してワシントン条約(アメリカとの不戦宣言)を締結。
    更に、開戦にあたっては“宣戦布告の義務”を国際法に盛り込ませている。

    戦えば負けるのは明らかだから日本政府は平和戦略を展開しいていた。
    事実、太平洋戦争を誘引した日中戦争は議会の承認を取り付けたものではない。
    つまり、国内外の意向を無視した陸軍(関東軍)省の暴走であって外圧が原因で日本は防衛戦争に追い込まれたわけではない。
    日本が戦争を選択した真の理由は陸軍省による政権乗っ取りに始まる。(5.15や2.26事件などクーデター)
    そもそも当時の日本に海外侵略の計画はなかった。
    事実、犬飼内閣は行政リストラ(軍事費など経済振興の足枷になるものの削減)を実施。

    それに陸軍省を中心とする行政側が反発。(組織防衛ばかりか、世界恐慌の克服に大陸侵略の軍備増強を必要としていた)
    そこで政治排除に動いた。
    舵取りではない個別省庁が国家を主導する不可解現象だが、この官僚主権は現在も変わっていない。(日本は、政治が行政の下請けと化したまま)
    やがて海外からも「日本は侵略行為から手を引け」との声が上がる。

    しかし、大陸戦線は拡大して日中の全面戦争(共産党も加わる)に発展。
    ここで日本が大陸から撤退すれば経済封鎖を受けることも無く世界大戦を傍観して過ごせたはず。
    しかし、それは出来ない相談であった。

    既に述べたように政治家を暗殺してまで政権を陸軍省の下に置いたわけである。
    それでいて国際連合から「撤退を命令されたから」と引き下がれば、陸軍省は、その責任(殺人罪や政策失敗)を追及されることになる。
    陸軍省としては、今更、引っ込みがつかない状況。
    現在も同じことだが、国家国民の将来よりも我が身である。

  9. 日本側はスパイからの通報でアメリカがドイツから原子爆弾を入手したのを知っていた。
    それを使わせれば、日本は被害者を装えるわけで国体(天皇制)護持をダシにして終戦を遅らせる。

    また、東京大空襲でもアメリカの投下した予告ビラを回収隠蔽。
    避けられた犠牲を出した。

    よく、戦争が悪いと言われるが、戦争以上に日本の姿勢に問題あり!

  10. 実際に最前線で戦った人たちしか実態は分からない。ましてや「男たちの大和」等なんかで分かるわけがない。「私の中の日本軍」「ペリリュー・沖縄戦記」「ティーガー戦車隊」など各国の従軍戦記を読みなさい。皆共通に英雄などにはなりたくない。地獄を忘れたいと言っている。「英霊」などと持ち上げて悲劇のヒロイン扱いはもっとも侮辱し貶める行為だ。そういう意味でこのドラマは実態を捉えて冷静だ。戦う同士はお互いに憎しみを抱かなければ見ず知らずの人間を殺戮できない。「命を捨てて戦う」など薄っぺらな言葉で表せるもんじゃない。

  11. よき映画と私は思いました、日本戦争映画のような・・・茶番?
    私はあの戦争は日本が間違っていると思います。状況判断の欠片もなく戦争へと。
    戦った兵士、民間人は被害者です。洗脳、マインドコントロール、反戦を唱える
    ことが出来ない現状・・・万歳、バンザイと戦場へ送り出され・・・
    あの時代の、指導者、軍部、世論。それがあの狂気を生んだのでは。
    私は、あの時代の日本人が誤っていたと思います・・・
    原爆、それもあの当時の指導者の責任では。
    しかし、今の日本は極端ですね・・・民主党、左巻き、赤、反日在日、韓国、中国と、あまりにも平和ボケしすぎてますね。

  12. まずCall of Duty: World at Warやっている自体おかしいですよ。
    あんた日本人じゃないだろ?
    日本兵殺しまくって何がたのしいのですか?
    絶対にあんた死んだら天国の英霊たちに睨まれるぞ!
    覚悟しとけよこのアメ公!!

  13. このドラマは「海兵隊員が日本人にしたことを分かってほしい」という趣旨で作られたものです。
    そんなこと知らないでアメ公なんて言ってる愛国者(笑)達は貴方達の嫌っている朝鮮人と同じようなもんですよ。
    自国の汚点は棚上げにするんですか?
    冷静になりなさいな。
    戦争を二元論で語ろうとすること自体、教養のない人がやることですよ。

  14. ↑いやアメ公はアメ公だろwwwwwww自国の汚点だと??wwwそんなもんねえよwwwww
    アメ公なんて十分今も日本に迷惑かけてんのにww
    朝鮮人と同じようなもんだとww一緒にするなよ、あんな糞外道な国と神の国を
    いっしょにするなよ。戦争を二元論で語ろうとすること自体、教養のない人がやることだと???????【小林よしのり]はどうなんだよ!
    「海兵隊員が日本人にしたことを分かってほしい」という趣旨で作られたものです
    だと???????????????wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    「パールハーバー」はどうなんだよ!
    今日もTUTAYAでは「ザ・パシフィック」はひとつも借りられてないっと、
    よしよし!皆本物の日本人でよかった~~~~~~~~~!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。