引退

昨年の 11月末をもって、Station.com の課金をキャンセルした。
具体的に言えば EverQuest と EverQuest II をやめたことになる。
既に 2ヶ月以上が経過したが、禁断症状もなく穏やかに過ごしている。
MMORPG ってのはハマるとなかなかやめられないが、いざやめてみるとその後は何事もなかったようにあっさりとしているものだ。
逆に云えば一度やめると復帰するのは難しいということだ。
日増しに MMORPG への興味が薄れていき、もはやその手のウェブサイトをチェックすることもなくなった。
2年前 EverQuest の活動が停滞した時、自然消滅的に仲間が消えていった。
直接の原因は World of Warcraft の登場によるものだった。
この時、私は World of Warcraft を避け、EverQuest II を選択した。
私の知る範囲で EQ→WoW と EQ→EQ2 を比べると圧倒的に前者が多かったが、私は EverQuest II において大勢の仲間と共に楽しい時間を過ごした。
だから World of Warcraft を選んだとしても同じだったと思う。
やめた理由についてはひとことで言い表すのは難しい。
この 6年間、リアルが忙しかろうと、睡眠時間を削ろうと、なんだろうが時間を捻出して注ぎ込んできた。
だが、それはもうしない。
あえてひとことで言うと歳をとったセイだろう。
レベルがカンストしたとか、レイドのシステムがどーだとか、欲しいアイテムがないだとか、そんなことは大事ではない。
でも、チョットだけ WoW やってみたかったな・・・と言ってみる。

初めてのパソコン

20060210.jpg
やじうまWatch で BASICマシンの懐かしいパンフレットの表紙が見られるWebサイト を紹介していた。
もしや?と思って覗いてみたら、やっぱりあった!!
私が初めて手に入れたパソコン富士通 FM-NEW7 だ。
富士通のパソコンといえば今ではキムタクだが、当時はタモリだったのか・・・
フロッピーディスクドライブがメチャクチャ高価だったので外部記憶メディアはカセットテープを使っていた。
これでブラックオニキスとかハイドライドII とか軽井沢誘拐案内とかを遊んだものだ。
やがて 8ビットパソコンの時代が終わり 16ビットパソコンになると NEC PC-9801シリーズが圧倒的シェアを独占した。
PC-9801シリーズは 8ビットパソコンに比べると、かなり高価だったので、この時期は全く手が出ずパソコンと疎遠になってしまった。
私個人的にはパソコン暗黒時代である。
私のパソコン暗黒時代が終わったのは Windows 3.1 を搭載したパソコンと共に「マルチメディア」なる言葉が氾濫した頃である。
思えば 8ビットパソコン時代は多数のメーカが競争していたので面白かったんだね。

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven の DVD を購入。
アニメの DVD は価格がタケェヨ!!
だが、これはじっくりと繰り返し何度も観るつもりなので多少高くてもそれだけの価値はある。
んで、これテレビシリーズ S.A.C. 2nd GIG の総集編なんだが、凝縮されすぎ!!
テレビシリーズを観てない人が、入門用に観るにはかなりしんどいと思う。
そりゃ 26話を 163分に縮めるのだからキッツイわな。
はたしてコアなファンが新たな解釈を得るための作品にしか成りえないのか?
なお、私は劇場版とテレビシリーズをなんとなく観ただけのドシロウト。

最初っから、かなりスピーディーで驚く!!
テレビシリーズ前半がバッサリカットしまくりのためゴーダの印象が薄い。
もーちっとゴーダを出してくれよ~
反面後半はかなり時間を割り振られており、素子とクゼに注ぎ込んでいる感じ。
11話 草迷宮 affection が回想シーンに、素子とクゼで確定したッ!!
なんちゅうプラトニックな三角関係なんだ。
そしてバトー敗北のシーンがイイ!!
タチコマの自己犠牲、アダムとイヴ、そして十字架鉄骨担いだバトーたまんねぇ~
このあたりはしっかり堪能できる。
ってクライマックスだし当たり前か・・・
それにしても字幕があればな~と思う。
DVD なんだから字幕くらい付けてくれよ~
聴覚障害者じゃないけれども字幕が欲しい人もいるんだよ。
字幕でセリフを読めば一気に吸収できるんだが残念だ。
それと、テレビシリーズのオープニングテーマ rise がどこにも使われていないが・・・
どっかに入れてくれよ~