真・三國無双3ハイパー

さて、連休中に遊ぼうと思って買った真・三國無双3 の Windows版の続き。
張飛と呂布を一巡やってみた。
とても三國志とは思えない呂布の投げやりなストーリーにビビった。
これで夏侯惇と黄蓋に加えて張飛と呂布と 4人目となった。
それから、これ正式タイトルが真・三國無双3ハイパーなんだが、PS2版でいうところの猛将伝も Empires もない、いわゆる無印なんでどこがハイパーかというとオンライン認証によって不正コピーに対抗したことで、光栄としては低価格で発売できたあたりがハイパーなのかな?
オンライン認証は MMORPG みたく、起動時にログイン処理を行うので面倒である。
代わりといっちゃなんだが、ディスクレスで起動できる。
しっかし、ナニをいまさらだが光栄が三國志をこんなアクションゲームにするとは、スーパーファミコンの三國志2 にハマってた頃は夢にも思わなんだ・・・

シュッキーン

三日休んで出勤、三日休んで出勤、んで土日と中途半端なゴールデンウィーク真っ只中で、本日出勤してみると、なんかいつもと変わらない・・・
てっきり世間は十連休なんかと思いきや、通勤電車は激混みだし、昼休みのオフィス街の昼飯を求めて繰り出す人々もいつもと変わらん様子。
さて、連休中に遊ぼうと思って真・三國無双3 の Windows版を買ったのに、ほとんどやっていない。
買った直後に夏侯惇と黄蓋でそれぞれ一巡やって、それっきりである。
とりあえず蜀の武将も一度やってみるとしても、外伝シナリオとかメンドクサスギーなので、近いうちにハードディスクの肥やしになることは間違いなし。