今年最後の全員集合

20031229.jpg
結局帰省先から EverQuest するハメになってしまった。
精霊四神のひとつ Rathe Council を倒すために、召集指令がかかった。
もちろん予想していただけに Imspiron 8600 を持って帰っていたので、余裕のスペックで 100人級の Raid だろうが処理落ちすることはない。
そして二日間費やした結果、Rathe Council を倒して Plane of Time へ向けてまた一歩前進した。
で、シングルでちまちまとやりだした DIABLO II はいうと、まだ ACT1 をクリアしたところであった。

御用納め

本日で今年も御用納め。
今回は土日がうまいところへきたので 1週間を超える大型連休ですな。
田舎へ帰って、のんびりしたいところですが、重大な問題がッ!
帰省先にはブロードバンドが無いのだった・・・ネットラジオ聴けね~ヨ!
数年前に ISDN に加入させてから、そのまま放置していたのがマズかった。
家人はインターネットに興味がないので、未だ ISDN のままであった。
まぁ ISDN でも、ちょっと Web 観たり、メールの送受信くらいはできるので、あきらめることとする。
もともとテレビはあまり観ないが、年末年始の特番なぞなおさら観る気ナッシング。
ヒマつぶし用として DVD を 20枚ほど持って帰るとして 1日 2枚観ても足りる計算~
さらに何を思いついたか DIABLO II を引っ張り出してノートPC へインストールする。
起動時の CDチェックがウザイので、CD-ROM をイメージ化して Daemon Tools でマウントさせた。
たった 1ヶ月ほどしか遊ばなかった DIABLO II がヒマつぶし用として復活したのだった。
ちょっとだけやってみようと、1.10 へバージョンアップした後、パラディンを選択して数時間。
レベル9 までやってみたが、こんな楽チンだったのかと?
ソーサレスしかやったことがなかったので、そう感じるのかな?
はたして連休中に DIABLO を倒せるのだろうか・・・

3カラム

見た目を 3column Stylesheet,Template に変更しました。
素晴らしいスタイルシート、テンプレートを公開して下さっている方々に感謝です。
2004/8/26 追記
スタイルシート、テンプレートを HINAGATA さんの HINAGATA THREE に変更しました。
http://hinagata.biz/

ビデオチップ戦争の行末

ノートPC で快適に 3Dゲームができるようになるとは!
数年前なら絶対不可能なことが当たり前になった。
今年発売されたノートPC で 3Dグラフィックス性能を謳っているモノが沢山あった。
なかには FF Bench の数値を掲載しているメーカもあったし FF 公認モデルを名乗るノートPC もあった。
FINAL FANTASY XI というたったひとつのゲームが与えた影響は大きい。
3Dグラフィックス性能はビデオチップで決まるが、デスクトップと同じく NVIDIA と ATI の 2社が凌ぎを削っている。
現在性能では ATI が勝り、国産のノートPC では同社の Mobile Radeon シリーズが多く採用されている。
対して NVIDIA の Geforce FX Go シリーズは国産のノートPC ではイマイチ振るわなかった。
ただし実際に PCゲームを楽しむなら、私はここ数年間 3Dビデオカード市場を独占した NVIDIA の安定性を求める。
それはゲームプレイ中にバグったり、突然落ちたりしたら楽しむどころじゃないからだ。
最近、私は DELL の Inspiron 8600 というノートPC を購入した。
この機種を選んだ理由にビデオチップに NVIDIA の Geforce 5650 Go を搭載できることがある。
正直 DELL 製品の品質はイマイチなので IBM や NEC あたりがいいのだが、あいにく Geforce 搭載のモデルがない。
DELL は自分でビデオチップを選択できるのが利点で Radeon と Geforce のどちらも選択が可能だ。
ベンチマークの結果は以下のとおり。(2004年2月22日更新)
FF Bench V2
●Low 3992
●High 2818
3Dmark2001 SE
●Overall Score 9546
3Dmark2003
●Overrall Score 2655
特に FF Bench V2 においては Mobile Radeon 9600 に遠く及ばない。
Mobile Radeon 9600 では現時点で Low 5000 , High 3500 を超えるノートPC が存在する。
最近の ATI 社はゲームメーカの抱きこみも図っており Radeon 9800 XT には来年登場する期待の大作 Half-Life 2 がバンドル(無償ダウンロードできる権利)が付属している。
すなわち Radeon は Half-Life2 の標準ビデオカードとなるワケで、FPSフリークにとってこの影響は大きい。
この調子で ATI が躍進を続けるならば来年は私も選択を変えねばなるまい。

カリブの海賊

パイレーツ・オブ・カリビアンの DVD が 100万枚出荷したらしい。
私の今月の DVD購入予定はターミネーター3 ひとつのつもりで、パイレーツ・オブ・カリビアンは全くノーマークだったのですが、これが面白いらしい。
でもって、予定外の出費で即購入。
んでもって、なかなか満足のいく内容でした。
そんでもって、再生してから気がついたのはロード・オブ・ザ・リングのレゴラス役でブレイクしたオーランド・ブルームが主人公級のウィル・ターナーとして登場していること。(ただし真の主人公はジョニー・デップ演じるジャック・スパロウ)
っていうか事前に主演俳優くらい調べてから買えよ自分みたいな。
飄々としたジャックと血気盛んな青年ウィルの取り合わせが面白い。
悪役のバルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)も憎たらしいキャラクターで盛り上げてくれる。
ヒロインのエリザベス(キーラ・ナイトレイ)は私的にはいいと思ったが、イマイチって評もある。ここは議論の分れるところかも。
しょーもないことだが、メイキングで出てきた ILM のオッサンがターミネーター3 のメイキングでも出てきてたし、たぶんスターウォーズとハリポタのメイキングでも見かけた気がするので、最近の洋モノ映画で CG で作ったごっついシーンがあったとしたらみんなこの人に騙されているワケかと思うとなんだか哀しくなってきた。

スクエニの野望

スクウェア・エニックスが開発中の JUNKMETAL のクローズドβテストが始まったらしいが、クローズドなだけに詳細は不明かと思いきや、早速こちらになかなか詳しい記事が公開されていた。
記事を読むと、純国産とは思えない、かなり硬派の洋ゲーであるように感じられた。
見た目はともかく PK 容認なのがスゴイ!
システム的に PK不可なのが今の純国産MMO の流れなので驚きだ。
しかも 3Dエンジンに Lithtechエンジンを採用しているところがこれまたシブイ。
Lithtechエンジンは FPS の中でもチョット異色な ShogoBlood2 に採用されているが、そのうち Shogo はロボアニメ系だが、これが JUNKMETAL の世界感とマッチしたとは到底思えないので、なんで Lithtech なのか?知りたいところだ。
私的には FPS と Mech Warrior の中間を取ったアクションに MMO の要素を取り入れた新しいゲームと思う。
しかし、その反面敷居がスゲー高くなってしまった感があるが、同社の FINAL FANTASY XI などで MMO に目覚めたユーザから、よりハード・コアなゲームを求める層が生まれるのは必然であり、その需要を観越してのことなのだろう。
ようやく洋ゲーフリークにも受け入れられそうなモノが、純国産でも登場する時代になったというべきか。

EQは続くよどこまでも

久々に EverQuest をやる。
Raid に参加するのは 3週間ぶりくらいだろうか、年末進行中な割に人数が減らない我々の団体は 6時間ほどブッ通しで Elemental Plane を蹂躙して根こそぎ狩りまくり~
日本人団体としては、かなりの活動量だが海外の連中ときたら平日でもそれくらい当たり前にやってる。
さて、度重なる拡張パックのリリースにより商品寿命を伸ばし続ける EverQuest だが、またしても次の拡張パックの概要が発表された。
それだけ MMORPG の顧客獲得戦争は激しいってコトなのか、飽きさせたら終わりだし・・・
その点では EverQuest はスゴすぎ!
EverQuest を超えそうなのは World of WarcraftUltima X: Odyssey ってところか、Horizons もよさげだが日本人お断りらすぃので却下!
どちらもいつ発売されるかわからんので当分 EverQuest は安泰か
あぁ EverQuest 2 を忘れてた。

購入意欲

コンシューマ向けの記録メディアでは CD, MD, DVD とかの光ディスクが当たり前になり、ニッチな用途を除けばテープメディアを見かけることはなくなった。
私的にはビデオテープが主流の頃は映画のビデオを観ることは滅多になかった。
レンタルしてダビングするのも面倒だし、購入するにしても最新作はメチャ高額の値段で販売されていたから買うワケもない。
それが DVD になってからは気軽に買えるようになった。
値段も安価になったし、劇場公開から半年ほどで DVD 販売されるのもありがたい。
今日も帰宅途中にターミネーター3 を買ってきたところだ。
安価で便利になれば購入意欲も湧くというもの。
なので VHS 全盛期の映画も、最近になって DVD 化されるとうれしいですな。
私的には早くスターウォーズ3部作 (EP4~6) を DVD 化してほしいのだがね~

来年は

今欲しいモノといえばホームシアターだ。
もーちょい具体的に言えばプラズマTV と DVDプレイヤーと 5.1chサラウンドシステムを構成するアンプやスピーカセットのことになる。
まぁ AV機器には興味は無いので画質や音質はそこそこのモノで構わないが、問題は一式購入したところで置き場所が無いわ、近所迷惑で大音響を鳴らせるはずもない。
まずは住宅環境を改善しない限りホームシアターは不可能なのだ。
で、今の視聴環境はパソコンの DVDドライブで再生し、音声はヘッドフォンで聴いている。
ま~パソコンでの再生はショボイとはいえ再生ソフトは WinDVD Platinum 5 を使っているし、モニタはナナオだし、ビデオカードはカノープスだし、ヘッドフォンはノイズキャンセル付きでパソコンの稼動音もカットしているし、パソコンにしては強まっている。
しかし、よくよく考えるとパソコン一式を撤去すれば十分なスペースが空くのである。
ふと見渡せば自作デスクトップ 3台+モニタ 2台、ノートが 3台も~
来年は肥大化したパソコン環境の縮小に取り組まねば・・・

いきなりつまづく

デフォルトだと見た目が真っ白なので、まずは見た目からカスタマイズしたいのだが、これがとても難しい。
いや設定の変更自体はブラウザ上から行えるワケで簡単なのですが、肝心の中身が・・・
デザインの大部分はスタイルシートから指定するみたいで、自力で編集するにはそれなりにスキルが必要だとわかった。
HTML を少しカジった程度のドシロウトじゃ到底無理くさいので、ここは他力本願で~
さすが定番の Movable Type だけあって探すとかなりの情報がありますね。
とりあえずは Movable Type の公式サイトにあったモノを入れてみた。
さらにカスタマイズするには HTML のテンプレートもイジらなくてはならない。
こちらは失敗するとエラーが発生するので変更する前にバックアップしておいたほうがよさげ。
取り返しがつかない状態になった場合、公式サイトでデフォルトのテンプレートが公開されているので書き戻せば OK である。
っていうか、早速ハマってお世話になりましたですハイ!