Stay at Home!! 聖剣伝説3 TRIALS of MANA

FINAL FANTASY VII REMAKEをクリアして一段落したところで聖剣伝説3 TRIALS of MANAが発売したものだから、PS Storeでダウンロード版をポチっとな。

FF7リメイクをプレイした直後だと、フォトリアルなFF7リメイクの世界からデフォルメが効いた聖剣伝説3の世界へ変わると、グラフィックの違いが新鮮というか、そんでもって王道ファンタジーJRPGの雰囲気がイイ感じ。オリジナルは2Dだったのが、TPS視点の3Dになったのが一番変化の大きいところで、街中やフィールドが3Dになって散策が楽しい。肝心のバトルアクションも3Dになったことで、敵の攻撃を回避しながら、こちらの攻撃を上手く当てていくのが楽しい。

FF14の光の戦士にはお馴染みの敵の攻撃の予兆の範囲が赤く表示されるのが、FF14だと表示が消えると当たり判定がなくなって安全になるのだが、聖剣伝説3は敵の攻撃のエフェクト自体に当たり判定があるので、予兆の表示はあくまで予告でしかないということ。聖剣伝説3はアクションRPGなので当然と言えば当然だ。それと、これまたFF14でお馴染みの、敵が大技を詠唱し始めて詠唱が終わるまでに壊さないと全体大ダメージを喰らうDPSチェックが度々あるので、火力大正義だ!!

1周目クリアした時点で30時間ほどプレイしていた。後2周をサクっと20時間くらいやるとすれば、まずまずのボリュームかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。