Gears of War 3 これが最後のプランB?! ローカストよ。永遠に。

Xbox360の看板タイトルGears of War 3の発売だ。
前作は日本語版の発売が危ぶまれる事態もあったが、今回は早くから発売決定が発表された上に、世界同時発売なんて素晴らしい。

激しさが大幅にアップした「キャンペーン」モード

あいかわらずのガチムチ兄貴達が、これまたガチムチなローカストという地底人や前作から登場した突然変異体であるランベントと戦う血肉飛び散る激しいガチムチバトルですな。
素晴らしい吹き替え音声と丁寧なローカライズ。
さすがファーストパーティーの看板タイトルだけあっていいシゴトしている。
前作から大幅に変わったと感じるのはカバーしてちまちま撃つ戦法が通用しない場面が増えたこと。
カバーしていても新しく導入された敵の強力な攻撃でブッ飛ばされることがあったり、ほとんどカバーできない状況で大型の敵を相手にする場面もある。
前作から大幅に進化したランベントはキモさが大幅にアップ。
存在感が低下したローカストも負けてはいない。
今回はローカストホールから這い出てくるのではなく、直接地面からぽんぽん飛び出してくるのが楽しい。
とにかく激しさアップ。
カバーして遠距離でちまちま撃つのではなく、近距離でやり合うこと必至。
動きまくらないとやられるので面白くなった。

Gears of War 3

進化した「HORDE」モード

協力プレイで押し寄せるローカストの大群を倒しまくる「HORDE」モード。
かなり仕様が変わって陣地を設置して守る感じになった。
ローカストを倒して得たクレジットを消費してバリケードや自動機銃を設置してローカストを迎え撃つ。
陣地を構築する戦略性やウェーブが進むとボス級ローカストも登場したり面白さが増した。

Gears of War 3

ローカスト万歳の「BEAST」モード

「BEAST」モードは「HORDE」モードと逆の立場となる。
ローカストを操って人類が立てこもる陣地へ攻め込むのだ。
最初はしょぼいバリケードや弱っちい難民が相手だが、ウェーブが進むとバリアやタレットで守りを固めた陣地にマーカスをはじめヒーローが登場して厄介になってくる。
敵を倒したり設備を壊してクレジットをどんどん稼いでいけば強力なローカストを呼び出せる。
序盤は雑魚しか使えないが、十分にクレジットを稼げば終盤にはベルセルクで大暴れすることも可能だ。
自分は序盤はティッカーで特攻、中盤からはカンタスで後方支援、コープサーで突っ込むか、ブーマーで遠距離からブームショットって感じでやっている。
圧倒的パワーでグランドウォーカーをぶっ飛ばすのが楽しい。

Gears of War 3

文句なしのシリーズ最高傑作

キャンペーンは激しさを増してより面白くなった。
オンラインのマルチプレイは協力プレイが充実して対戦が苦手なプレイヤーも存分に楽しめるようになった。
カジュアルゲーマーからハードコアゲーマーまで楽しめそうだ。

Gears of War 3

RESISTANCE 3とZoom for Xbox360

いよいよ今年も「ゲームの秋」が始まった。

シングルプレイは良いRESISTANCE 3

自分の「ゲームの秋」第一弾はPS3のRESISTANCE 3(レジスタンス3)だ。
前作の続きなんだが、ゲームシステムは大幅に変わっている。
一番大きな変更はライフの自動回復がなくなったことだ。
減ったライフを回復させるにはいちいち回復アイテムを回収しないといけない。
しかも回復アイテムを持ち歩くことはできない。
むやみに敵の銃撃に身をさらすと簡単にやられてしまうので慎重に行動しないといけない。
前作に比べて大幅に緊張感がアップしたと感じるところだ。
もうひとつ大きな変更は全ての武器を持ち歩くことができること。
自分の好みの武器を使い続けるのも良いが、弾薬に限りがあるため色々な武器を使っていくことになるだろう。
これによって戦術に幅が広がるし、敵や状況に合わせて即座に武器を変更できるのは便利だ。
マルチプレイの対戦は前作よりも良くなっているし、Call of Dutyシリーズに近い感覚でプレイできるが、マップの作りが単調だし、成長システムやキルストリークが自分の好みに合わない感じだ。

Kinectの省スペース化に効果大Zoom for Xbox360

コントローラーを使わず、自分自身の体を使って直感的に遊べるKinectは素晴らしいのだが、スペースの確保が難題である。
自分はテレビの後ろの壁にKinectを設置してスペースを確保しているものの、設置方法に自由度がないため省スペース化できるものならなんとかしたいと思っていた。
「Zoom for Xbox360」はKinectに取り付けるレンズで、距離を40%カットできるというもの。
Amazonでポチっておいたのが届いたので早速試してみたところ、Kinectの視界が広角になるようで、1.5m程度あれば全身をカバーできるくらいになった。(本来2m程度必要)
2m程度あればふたりプレイも可能な感じだ。(本来2.5m程度必要)
部屋の狭い日本の家庭でKinectを楽しむ助けとなりそうだ。

DiRT 3 クルマで疾走する快感をお手軽に

Driving Force GTを入手してからというもの、ひたすらレースゲームをプレイしまくりのこの頃。
またまた買ってきましたレースゲーム。
オフロードレーシングゲームの人気シリーズDiRTの最新作であるDiRT 3だ。
で、またまた海外版を買ってきた。
日本語版の発売は8月25日ということで、9月からは期待の超大作タイトルが発売ラッシュとなるので8月25日発売だと時期的につらいよなぁ~ということで海外版なわけ。
日本語にローカライズする作業に時間がかかるのはわかるし、海外版ばかり購入してホント申し訳ない気持ちでいっぱいだが、今年の秋冬のラインナップは凄まじいから、今プレイできるゲームはできるだけ今のうちに消化しておきたい。

DiRT 3 PEUGEOT 207

超初心者で大丈夫か?

オフロードってことで、まずはラリーだけど、実はかなり苦手意識があった。
これまでサーキットをしっかりグリップして走るレースゲームばかりプレイしてきたので、ラリーのゲームってドリフトで滑りまくってコーナーリングするんでしょ? なんてイメージしていた。
でも、DiRT 3をプレイしてみるとそんな心配は一気に吹き飛んだ。
基本的にグリップ走行で安全運転しても全然オッケー!!
そして初心者ご用達のアシストと難易度の設定が素晴らしい。
極め付けはフラッシュバック機能だ。
失敗したら時間を巻き戻してやり直せる。
おかげでミスしてもイライラすることもなく全然ストレスがたまらない。

Driving Force GTとの相性

一番気になるのはハンドルコントローラの対応なんだけど、ハンコンの対応がしょぼいとモチベーションが大幅にダウンしてしまうというか、もうプレイする気が失せてしまう。
そのせいでShift 2 Unleashedをすっかり遠ざけてしまった。
さて、DiRT 3をDriving Force GTでプレイすると強力なフォースフィードバックでトラクションの具合がはっきり身体で感じられる。
グラベル(砂利道)とターマック(舗装路)が混在しているコースなんかでは挙動の違いが分かりやすいので、路面に合わせて走行できるし、コーナーリングでタイヤが滑りだしてもカウンターステアで修正する操作が自然とやりやすい。

オフロードの醍醐味

ロケーションや天候、そして砂埃や雪が舞う表現が多彩だ。
砂利道を泥を飛ばしてジャリジャリと走ったり。
DiRT 3 Lancia Delta HF Integrale

雪上のレースで激しいバトルを楽しんだり。
DiRT 3

水たまりもなんのその。
DiRT 3

クルマも最高

60年代のミニ・クーパーSが快走!!
クラシックな見た目が可愛らしいけど、しっかり走るね。
DiRT 3 MINI COOPER S

PS3版だけど、グラフィックはとても良いと思う。
PC版はもっと凄いのだろうね。
ワイパーの動きとか細部まできっちり表現している。
DiRT 3 CITROËN C4 WRC

もちろん車内もバッチリ。
ラリーではコ・ドライバー(ナビゲーター)がペースノートを持って同乗しているよ。
DiRT 3 CITROËN C4 WRC

これは簡単!! YouTubeにアップロードできちゃう

DiRT 3はリプレイが素晴らしいのでついつい見とれてしまう。
ただ見るだけではない、なんとリプレイをYouTubeにアップロードする機能があるのだ。
と、いってもリプレイから任意の30秒間だけ切り出してアップロードできるというものだが、ゲーム機単体だけでYouTubeに簡単にアップロードできるのは良い。
というわけで試しにアップロードしてみた。

クルマで疾走する快感をお手軽に

オフロードレーシングゲーム初心者も楽しめるDiRT 3にすっかり夢中。
DiRT 3はシビアな挙動のリアル系レースゲームとアクセルベタ踏みのアーケード系レースゲームの中間を上手いこと実現しているなと思う。
いやぁ、この調子だとますますレースゲームにどっぷりハマっていきそうである。

DiRT 3 CITROËN C4 WRC

祝!! PlayStation Network全面再開!! ただし日本を除く

ただし日本を除くのオンパレード

ゲーム業界の大きな出来事といえば、ソニーのPlayStation Networkのダウンと先日開催されたE3だけれども、PlayStation Networkのサービスは約一ヶ月もの間ダウンしてしまうという前代未聞の大惨事だったけど、先日ようやく全面再開・・・ただし日本を除くという状況の中でE3が開催されてPS3の新作タイトルやPS Vitaをはじめソニー陣営の発表に期待が高まりまくりで、早く夏なんか過ぎ去ってホリデーシーズンがやってきて怒涛の新作タイトル発売ラッシュでうれしい悲鳴を上げたいと思っているこの頃である。
もう自分で自分がアホというかよく訓練された○○というか、自分の個人情報が漏えいされてしまったのに、そんなことより日本でも早くPS Storeを再開してくれよ~と切実に願っているのである。

パッドでレースゲームできない身体になった

さてPlayStation Networkがダウンしている間、先日購入したShift 2 Unleashed: Need for Speedを存分に楽しんでいたが、ハンドルコントローラのアクセルペダルの反応が悪くなってきた。
安物のHORIのステアリングコントローラ3ってやつなんだが、アクセルペダルはまさに「おもちゃ」みたいな出来なのだが、グランツーリスモ5で凄まじく酷使していたこともあり、耐久性には不安があった。
そんなわけで、新しいハンドルコントローラを購入すべく検討した結果。
LogicoolのDriving Force GTを購入した。
で、このDriving Force GTなんだが、以前から気になっていたものの、これがなかなか入手困難で日本ではグランツーリスモ5の発売以降店頭では見かけなくなり、公式サイトの通販も毎度即完売というありさま。
しかし、それは日本国内の状況であって、海外ではあまっているようだ。
というわけで海外版(北米)をお取り寄せ!!
パッケージは英語だが日本のPS3でバッチリ動作する。
ACアダプタも日本のコンセントと同一なので心配なし。
Driving Force GT

フォースフィードバックの魅力

Driving Force GTを机に設置して椅子に座れば、ちょっとした簡易コクピットでレースドライバー気分を味える。
Driving Force GTの最大の特長はフォースフィードバックだ。
グランツーリスモ5の公式ライセンス商品だけあって、グランツーリスモ5では強烈なフォースフィードバックを体感できた。
なんといっても素晴らしいのはクルマの挙動や路面の状況がハンドルを通じて体感できること。
クルマのことを全然わかっていないド素人の自分がいうのもなんだが、トラクションの具合が分かるのでコーナーリング限界を身体で感じることができる。
グランツーリスモ5では素晴らしいフォースフィードバックを体感できたが、他のゲームではどうだろうか。
Driving Force GT

コーナーリングがスカスカなShift 2 Unleashed: Need for Speed

まずはShift 2 Unleashed: Need for Speedについて。
トラクションの具合がさっぱり伝わってこない。
コーナーリングもスカスカな感じでコーナーリング限界など分かりようもない。
これでは全くドライビング向上に寄与しないといえよう。
Shift 2 Unleashed: Need for Speed自体は面白いレースゲームなのだが、フォースフィードバックの魅力を知ってしまった今ではやる気がダウンしてしまう。
Shift 2 Unleashed: Need for Speed

意外といい感じのTest Drive Unlimited 2

お次はTest Drive Unlimited 2について。
Test Drive Unlimited 2はガチガチのレースゲームと違ってドライブを楽しむゲームなので期待はしていなかったが、意外といい感じに効いている。
しかし、やはりグランツーリスモ5が突出して素晴らしい。
試したのはこの3つだけだが、ゲームタイトルによってフォースフィードバックの違いが大きいことが分かった。
フォースフィードバックと関係ないがTest Drive Unlimited 2ではジョグダイヤルやボリュームボタンがラジオの操作に対応しているところが良い。
ハンドル中央のクラクションもちゃんと鳴る!!
Test Drive Unlimited 2

残るはXbox 360なんだが

Driving Force GTによってPS3のレースゲームの体験が凄まじく向上した。
ついでにPCでも使える。
残るはXbox 360なんだが、残念ながらマイクロソフト純正のXbox 360 ワイヤレス レーシング ホイールは生産が終了しているので入手困難である。
その他のXbox 360対応のハンドルコントローラも入手性に難がありすぎる。
先日のE3でお披露目されたマイクロソフトの新型ハンドルコントローラであるXbox 360 Wireless Speed Wheelは・・・
なんと空中ハンドルであった!!
Forza Motorsport 4をマリオカートのように空中ハンドルでプレイしろというのか。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
それでも買っちまうんだろうなぁ。

Shift 2 Unleashed: Need for Speed

ゴールデンウィークまっただ中ですが、いかがお過ごしでしょうか。
私はヒマを持て余しています。
というのもPlayStation NetworkがダウンしているせいでPS3のゲームのオンライン対戦ができない!!

Shift 2 Unleashed: Need for Speed

というわけでヒマをつぶすべく、ナニかオフラインで楽しめるゲームを調達せねば!! ってことで、色々と物色してみたものの、どうも食指が動かない。
結論から先に言うとPS3のShift 2 Unleashed: Need for Speedの海外版を購入した。
で、このShift 2 Unleashedは海外では3月に発売されたが、日本語版は今のところ発売予定すら発表されていない。
発売元はEAだが、いつものEAなら日本語版を発売するのであればとっくに公式サイトを立ち上げるくらいしていると思うのだが、大震災の影響で延期するのか、あるいはスルーするのかもしれない。
グランツーリスモ5をプレイして以来、レースゲームへの興味がもりもりと強まっている。
とりわけグランツーリスモのような実在の車両が登場する挙動のリアルさを売りにしたレースゲームに興味がある。
んなわけでShift 2 Unleashedの海外版は以前から気になっていたのだが、日本語版の発売が不透明だし、時間もあるしってことで購入とあいなった。
Shift 2 Unleashed: Need for Speed

いきなりGT-Rだからな

某大手通信販売サイトでポチったShift 2 Unleashedは翌日に届いて早速プレイ開始。
PlayStation Networkはダウンしているもののアップデートされた。
どうやらアップデートはPlayStation Networkのサインインは不要らしい。
キャリアモードを開始すると日産が、いや日本が誇るGT-Rが登場!!
いきなりGT-Rに乗れってか?!
Shift 2 Unleashed: Need for Speed

容赦なくぶっ壊れるクルマ、これぞ洋ゲー

ビビりながらGT-Rのアクセルを踏むと気持ちよく加速していき景色はブッ飛んでいく・・・
そう感じたのもつかの間、ブッ飛んだのは自分だった。
コーナーを曲がりきれないまま体制を崩したGT-Rはクラッシュ!!
驚いたのはクラッシュの表現が凄すぎること。
破損表現への異常なこだわりを感じる。
Shift 2 Unleashed: Need for Speed

グラフィックは劣るが及第点

GT-Rをクラッシュさせてしまったものの(笑)その後は操作に慣れてキャリアモードを順調に楽しんでいる。
グランツーリスモ5と比べるとグラフィックは明らかに劣るが、スピード感が強調された感じで迫力は増している。
キャリアモードはレースで経験値を稼いでレベルが上がると次のレースがアンロックされていく。
通常のレースだけでなく、一定時間毎に最後尾が脱落していくエリミネーションや、一定時間にラップタイプを競ったり、同じ車種の新旧対決など、飽きないように工夫してある。
初心者向けの配慮としてはアシスト機能が充実しておりコース上のベストラインの表示はもちろんのこと、ステアリングアシストやブレーキングアシストまで備えているので、レースゲームに慣れていない人でも遊べるだろう。

Shift 2 Unleashed: Need for Speed

Shift 2 Unleashed: Need for Speed

といったところでPlayStation Networkの復活を待ちつつShift 2 Unleashedを楽しみたいと思う。

TOP

プロフィール

対戦ゲームで日々フルボッコにされているヌルゲーマーです。

6年間MMORPGにハマって心身ともに不健康な日々を送り、このままじゃヤバイと足を洗う。
現在はヒマを持て余し、映画を観たり(ほとんどWOWOW)音楽を聴いたり(ほとんどスペシャ)ゲームをしたり(ほとんどPS3とXbox360)まったりと過ごしている。ってほとんどインドア!!

ついったーでゲームのことを中心につぶやいています。
http://twitter.com/kogumach