カテゴリー : Movie

ザ・パシフィック 続・お涙ちょうだいの戦争ドラマはいらない

先日も書いたがWOWOWで放送している超大作戦争ドラマ「ザ・パシフィック」を毎週じっくり観ている。
ついに最終回を迎えることになったが、最終回は戦争が終わった後のお話なので太平洋戦争の戦闘シーンは前回で終わりである。
というわけで、自分としてはもう終わったようなもんなので、ここいらでうだうだと書いておきたい。

さて後半戦だが5話から7話は米海兵隊が凄まじい被害を出したペリリュー島の戦いを描いている。
第1話のガダルカナル島では米軍のブローニングM1917重機関銃の前に日本軍はバタバタと倒れていくシーンがあったけど、ペリリュー島において日本軍は無謀な突撃をやめて要塞化した陣地を構築してガチガチに守りを固めて立てこもって激しく抵抗したので、海兵隊はとてつもない被害を出してしまった。
ドラマでは砲弾や銃弾が降り注ぐペリリュー島の飛行場を横断するシーンがプライベート・ライアンのノルマンディ上陸作戦のシーンのように凄まじいものだった。
ちなみに硫黄島のシーンは8話のみであり、しかも短いが硫黄島の戦いは映画で有名だし、まぁいいんじゃないかな。
ザ・パシフィック ペリリュー島

日本軍兵士の描写について、前回も書いたが不自然というかなんというか、例えるとFPSゲームの敵キャラみたいな感じがする。
FPSゲームの敵キャラってのはみんな顔が同じで、襲いかかってくる時に発するセリフが不自然で、総じて不気味に感じるのである。
もう人間というか人として描いていないので、クリーチャーと言ってもいいくらい。
当時のアメリカ人から見て日本軍兵士はそのように見えたのだろうか。
「ザ・パシフィック」と同じ制作スタッフが作った「バンド・オブ・ブラザース」のドイツ軍兵士とはあまりにも違いすぎる。
ザ・パシフィック ペリリュー島

ドラマではペリリュー島や沖縄において火炎放射器を使って火炎をトーチカに放つシーンが見られた。
これはトーチカや洞窟に陣地を築いて立てこもる日本軍に対して火炎放射器で焼き払った後に入り口を爆破する「トーチランプ&栓抜き戦法」で多用された。
トーチランプ&栓抜き戦法、これを英語でBlowtorch & Corkscrewという。
話は変わるが第二次世界大戦を描いたFPSゲームのCall of Duty: World at Warの中でBlowtorch & Corkscrewというタイトルのミッションがあるのだが、高い難易度(ベテラン)でプレイした時に最も苦戦したミッションなのでよく覚えている。
そのゲームの中でも日本軍の抵抗は激しく手強かった。
ザ・パシフィック M2火炎放射器

さて「ザ・パシフィック」の主人公について。
主人公は3人。
まずは、ロバート・レッキーから。
前半戦では登場シーンが多く、ガダルカナル島の戦いや、戦闘以外では特にメルボルンで大活躍(笑)
グロスター岬で精神を病み、夜尿病を患って病院送りになったりと、戦闘シーン以外での描写が印象に残る。
ザ・パシフィック ロバート・レッキー

演じているのはジェームズ・バッジ・デール。
私は24のシーズン3でジャック・バウアーにたてつきまくったチェイス・エドモンズの役が記憶に残っているが、「ザ・パシフィック」では表情が豊かで良かったと思う。
日本軍の拳銃を見つけたら密かに上官に没収されてしまったが、それを密かに取り返したりと型破りなキャラで面白い。
私は3人の主人公なかでは一番好きなキャラクターである。
ザ・パシフィック ロバート・レッキー

お次はジョン・バジロン。
まさに模範的なガチムチマッチョなアメリカ軍人を絵に書いたような人物。
ガダルカナルの戦いの功績により勲章を受けた後、国に戻って戦時国債のキャンペーンで貢献するよう命じられてしまう。
そしてアメリカ国内では有名人となり除隊の日も近づいてきたが、再び戦地に赴くことを希望し、直接戦場で戦うことで国に貢献したいと考えているまさに英雄である。
ドラマでは死亡フラグをこれでもかってほど立てまくって硫黄島の戦いに参加したので、肝心の硫黄島の戦いのシーンが短くなってしまったがね。
ザ・パシフィック ジョン・バジロン

ジョン・バジロンの得意な武器は重機関銃だ。
日本軍を苦しめた重機関銃だが、基本的には固定して撃つものであり、持ち運びながら撃つことを想定したシロモノじゃない。
しかし、バジロンは時にはひとりで抱えて撃つこともできたのだから、これはもうリアルランボーである。
ザ・パシフィック ジョン・バジロン

最後はユージン・スレッジだ。
前半では裕福な家庭で育ったお坊ちゃん風に描かれており、彼の両親は反対だったが当時の多くの若者がそうだったように戦場へ行くことを希望した。
そして海兵隊へ入隊して初陣が激戦のペリリュー島というから、よく生き残れたものだ。
彼が所属していたのは迫撃砲の部隊なので戦場では最前線より少し後方なんて言っていたが、ドラマではそんなこと関係なく砲弾が雨のように降ってきて死にまくっているからね。
演じているのはジュラシックパークの子役だったジョゼフ・マゼロである。
大きくなってまたスピルバーグの作品に出演できたのね。
ザ・パシフィック ユージン・スレッジ

ユージン・スレッジの所属した部隊は頼れる隊長や古参兵の軍曹が居る部隊であったが、隊長は戦死し、軍曹は戦意を喪失して戦えなくなってしまった。
古参兵でもオカシクなるほどのペリリュー島から生還した時のユージン・スレッジの表情が印象に残る。
ザ・パシフィック ユージン・スレッジ

ユージン・スレッジは沖縄戦にも参加した。
ドラマでは第9話が沖縄戦を描いており、ほぼ全て戦場のシーンなのだが・・・
何もかもがつらい内容なのでブログでは言及できない。
色々と言いたいこともあるのだが、沖縄というのは現在もデリケートな問題を抱えているわけで、ド素人がふざけた文章をぶちまけると誤解される恐れもあるので心にしまっておきたいと思う。

で、まとめると「ザ・パシフィック」は戦争ドラマとしては面白くない。
戦争ドラマとしては「バンド・オブ・ブラザース」のほうが楽しめる。
しかし、「ザ・パシフィック」が描いた太平洋戦争の戦闘の凄まじさは戦争映画・戦争ドラマファンなら一見の価値はあると思う。
ただし沖縄戦の描写はテレビドラマというエンターテイメントの枠を超えてしまったと思う。
それでも観て良かったと思う。
とりあえず日本のお涙ちょうだいの戦争ドラマなんかよりも観る価値はある。

ザ・パシフィック お涙ちょうだいの戦争ドラマはいらない

暑い日々が続いているが、今月はアツくなれるゲームがなく、ゲームへの意欲はすっかり冷めているこの頃である。
まぁ今年も9月から年末にかけて怒涛の発売ラッシュで寝不足になるだろうから、今は夏バテしないよう休息するのもいいかな~と思う。
先日発売したばかりのPS3のAnother Century’s Episode:Rを買ったものの、まだ一度も起動しないのである。

さて、期待の超大作戦争ドラマ「ザ・パシフィック」が先月からWOWOWで放送がはじまっており、毎週じっくり観ている。
「ザ・パシフィック」は戦争ドラマの名作「バンド・オブ・ブラザース」の制作スタッフが太平洋戦争を空前のスケールで描いている。
ドラマの主な舞台はガダルカナル島、グロスター岬(ニューブリテン島)、ペリリュー島、そして硫黄島を経てなんと沖縄まであるので、米軍の本格的な反攻の開始となるガダルカナル島の戦いから終戦までを米海兵隊の視点で描いている。

ザ・パシフィック

「ザ・パシフィック」の戦闘シーンでは米海兵隊と日本軍の凄まじい激戦を観ることができる。
ガダルカナル島では米軍のブローニングM1917重機関銃の前に日本軍はバタバタと倒れていく。
逆に第5話のペリリュー島上陸からは頑強に立てこもる日本軍を相手に米海兵隊が甚大な被害を出すことになる。

ザ・パシフィック ブローニングM1917重機関銃

海兵隊の装備は陸軍よりも旧式だったり、補給も不足気味だ。
現代においてもドラマ「ジェネレーション・キル」において海兵隊は補給不足に描かれていたので、昔からの伝統なのかね。
そんなわけでドラマでは陸軍の補給物資をがめるシーンがあった。

ザ・パシフィック

敵として日本人も登場しており、日本語をしゃべるけど、ちょっと変だね。
日本語の発音はきちんと聞き取れるけれども、セリフが不自然というかなんというか、例えるとFPSゲームの敵がしゃべるセリフというか、それでも海外制作のドラマではかなりマシなほうだと思う。
それにドラマの舞台や登場する兵器や小道具はよくできている。
日本軍の九五式軽戦車なんかもきっちり再現しているしね。

ザ・パシフィック 九五式軽戦車

現在ドラマは第5話が終わったところでようやくペリリュー島に上陸したところだ。
これからペリリュー島、硫黄島、沖縄と見どころがいっぱいで楽しみである。

ザ・パシフィック ペリリュー島上陸

ジェネレーション・キル 兵士たちのイラク戦争

ロストプラネット2について書こうと思ったけど、気が乗らないので、最近ハマっている海外ドラマのジェネレーション・キルについて。

ジェネレーション・キル(Generation Kill)はイラク戦争において米海兵隊第1偵察大隊に同行したジャーナリストの同名ノンフィクションを映像化した全7話のドラマである。

兵士の日常はくだらないおしゃべりが大半を占めている。
噛みタバコをやりながら、仲間とダベって、唾を吐いているのである。
ジェネレーション・キル

第1偵察大隊は、戦車もなければLAV(軽装甲車)すら持っていない。
頼りになるのはハンヴィーだけ。
そして与えられたミッションは、偵察ではなく・・・実際には強襲であった。
ジェネレーション・キル

移動中も相変わらず退屈なバカ話や歌を歌ったりしてヒマをつぶしている。
このあたりは戦争ドラマというよりロードムービーなノリだな。
ジェネレーション・キル

もちろん戦争ドラマだから戦闘もある。
戦車も装甲車もない第1偵察大隊の直接戦闘はハンヴィーに装備されたMK19を撃ちまくって、各兵士がアサルトライフルやSAW(分隊支援火器)を撃つ銃撃戦が中心である。
民兵が潜んでいる街の中に進んでいくと突然襲われる緊張感がある。
派手な戦争アクション映画風ではなく、淡々としているので戦闘シーンも現実味が感じられる。
なにしろこのドラマにはBGMが一切ないので余計にそう感じる。
ジェネレーション・キル

さて登場人物だが、全7話のミニドラマなのに登場人物がメチャメチャ多い。
でもって皆、同じ兵士の格好をしているから最初は誰が誰やら分からなくなるかと思う。
事前に公式サイトキャストを確認しておくといいね。
じゃあ、何人か紹介していこう。
※ご注意※
以下はあくまで私個人の意見であり、公式の情報に基づいた説明ではありません。
あらかじめご了承ください。

ブラッド・コルバート軍曹
あらゆる状況において冷静沈着なため「アイスマン」と呼ばれ、頼れるチームリーダーである。
クールな男だが、レイのバカ話にも調子を合わせる付き合いの良さもある。
ジェネレーション・キルは特に主人公を定めていないドラマだが、彼は原作者のエヴァン・ライトが搭乗した車両のリーダーなので登場シーンが特に多いようだ。
ジェネレーション・キル ブラッド・コルバート軍曹

ジョシュ・レイ・パーソン伍長
コルバート軍曹の乗る車両のドライバーであり通信担当である。
コルバート軍曹いわく優秀な通信兵であるが、調子に乗るといつまでもバカ話をしゃべり続けるチームのムードメーカーである。
ジェネレーション・キル ジョシュ・レイ・パーソン伍長

ハロルド・トロンブリー兵長
隊の新米であるトロンブリー兵長は、パーソン伍長いわくゲームとラップに汚染されて暴力に鈍感な今時の若者である。
武器はSAW(分隊支援火器)を担当する。
普段はおとなしい彼が撃つと命中するのだが・・・
ジェネレーション・キル ハロルド・トロンブリー兵長

ナザニエル・フィック中尉
ブラボー小隊の小隊長を努める若き士官。
顔はちょっとあどけないが、誠実な人柄や的確な指示で部下の信頼を得ている。
大隊のやり方に疑問を抱きつつも、任務を全うすべく小隊を指揮する。
戦場という環境で頭がおかしくなっている奴が多い中、まともな思考を維持している数少ない人物である。
ジェネレーション・キル ナザニエル・フィック中尉

ティモシー・ブライアン看護兵二曹
衛生兵的ポジションで皆からは「ドク」と呼ばれて尊敬されている。
戦場で傷を負った者、兵士だけでなくイラクの民間人も必死で助けようとする態度に感心した。
彼の所属は海兵隊ではなく海軍で、公式サイトによると階級はHospitalman 2nd Classとなっている。
海兵隊でいえば軍曹クラスだと思う。
ジェネレーション・キル ティモシー・ブライアン看護兵二曹

ジョン・シクスタ上級曹長
規律規範にうるさく、たるんでいる兵士を怒鳴りつけている。
キャンプでは兵士を怒鳴りつけてやろうとアラを探してうろうろしている。
いわゆる鬼軍曹的ポジションなんだが、兵士達からは完全になめられている。
まぁ脇役なんだが、オレ的にはこういうキャラが大好きなのである。
ジェネレーション・キル ジョン・シクスタ上級曹長

ステファン・フェランド中佐
「ゴッドファーザー」こと第1偵察大隊の大隊長であるフェランド中佐は師団長のマティス少将の意図を汲み取り、十分な装備を持たない偵察部隊でありながらアグレッシブに討って出る作戦行動に出る。
大胆な決断を下す決断力やそれに伴う実行力を持ち合わせているが、部下の面倒見は良いとはいえない。
大隊の成果を上げる行動を最重要とし、作戦行動の邪魔になるものは知らん振りするかブッ潰していく合理主義者。
ジェネレーション・キル ステファン・フェランド中佐

登場人物は実在の人物なので実名だ。
彼らのその後が気になったらググったりするものいいだろう。

イラク戦争ってなんだったんだ?
ジェネレーション・キルというドラマを観てイラク戦争って何だったんだ?という疑問と後味の悪い気分が何日も続く。

近代兵器による圧倒的な戦力で勝つのが分かりきっている戦争で、いかに勝つか。
バグダッドが陥落するまでに手柄を上げなきゃいけない。
臆病風に吹かれて無様な醜態をさらけだす部隊の長は即刻解任である。
これはレースなのである。
ジェネレーション・キル ジェイムズ・マティス少将

ジェネレーション・キルでは味方に誤射されたり、誤爆されたり、民間人を誤射したり、誤爆したりするシーンがある。
誤って民間人を殺してしまって意気消沈するくせに、偵察報告を無視して女子供しかいない村を爆撃して木っ端微塵にしてもあっけらかんとしている。
でも、ドラマを観ているうちに自分にもその感情が理解できるようになってくる。

ジェネレーション・キル

兵士は戦場で戦うしかない。
オレはテレビで傍観するしかできない。
エキサイティングな戦争映画とは全然違う、この退屈な戦争ドラマの最終回のエンディングの後味の悪さが病みつく。

で、また最初から観ているオレがいる(笑)
では皆様「アッサラーム アライクム」

機動戦士ガンダムUC エピソード1

PlayStation Storeで配信がはじまった機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]のエピソード1「ユニコーンの日」を観た。

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

72時間のレンタル方式で、SD画質が700円、HD画質が1,000円と結構なお値段だこと。
解像度は1280×720なので、いわゆる720pですな。
時間は58分でファイルサイズは3624MBなので、Blu-rayに比べるとかなり圧縮されているが画質的にはブロックノイズや破綻している箇所は見当たらなかった。
映像はスムーズだし綺麗なのでこれならBlu-ray不要じゃんと思うほど。

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

とにかく戦闘シーンが凄い。
冒頭からジェガンがボコボコにされているのを観て鳥肌がたった。
激しい戦闘でモビルスーツがズタズタにされていくのが、まるで人間がバラバラになっているように錯覚してしまう・・・
これがモビルスーツなのに破壊というより虐殺に見えてグロい。

PS3の配信はレンタルでHD画質が1,000円でなので、何度も観るならBlu-rayを買ったほうがよさげ。
Amazonで3,694円だし、買っちまうか。

Blu-ray の威力を観た

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
先日 PS3 を入手したことで、ようやく Blu-ray を観ることができるようになった。
で、早速 Blu-ray を観ようということで、発売されたばかりの「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」を購入した。
いや~ Blu-ray 凄いね!!
同じハイビジョンでも地デジや BSデジタルよりも格段に画質が良い。
そしてなんといっても音がいい。
PS3 はドルビーTrue HD をリニアPCM に変換して鳴らすことができるんだけど、これが結構いい音なのだ。
もうひとつ観たのが「機動警察パトレイバー 2 the Movie」だ。
15年前のアニメなので画質はそれなりだが、それでも DVD と違って Blu-ray だと細かいところまで観れるし、それとやっぱり音が良い。
一昔前のアニメを Blu-ray で観るのも十分に価値があると確信できた。
というわけで、ふつふつと物欲がわいて、Blu-ray で観たいタイトルの購入検討を始めたり・・・
これはもう従来の DVD には戻れないな。

TOP

プロフィール

対戦ゲームで日々フルボッコにされているヌルゲーマーです。

6年間MMORPGにハマって心身ともに不健康な日々を送り、このままじゃヤバイと足を洗う。
現在はヒマを持て余し、映画を観たり(ほとんどWOWOW)音楽を聴いたり(ほとんどスペシャ)ゲームをしたり(ほとんどPS3とXbox360)まったりと過ごしている。ってほとんどインドア!!

ついったーでゲームのことを中心につぶやいています。
http://twitter.com/kogumach