FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア βテストの記事をアップした後、かなり長い間更新が止まった当ブログですが、まぁそういうことです。
久しぶりの更新なんだけど、FF XIVをプレイする時間が減ったからですハイ。
と言っても3月27日に予定されている大型アップデートが来たらまたまた忙しくなりそうですがね。
FF XIVの場合、これまで遊んできたMMORPGと大きく違うのは、このジョブのレベル上げしたいとか、この装備を取りたいとか明確な目標がないと続かないことですね。
MMOというよりMOっぽい作りなんですよ。
目標達成しちゃうとやることがないという。
とりあえずログインしてダラダラするっていう気分にはならない。
個人的にはいい歯止めになっているとは思いますがね。
FF XIVについてはこんな感じで波はあるかと思うけどしばらくは続けるかな。
FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア

家庭用ゲーム機の王道を往くPS4

さて、本題のPlayStation 4なんですが、全額前払い予約して確実に発売日ゲット!!
第一印象は「速い」ですね。
操作のレスポンスが速い。
PS Storeの表示が速い。
PS3ではもっさりでしたからね。
そしてやっぱり「綺麗」ですね。
KILLZONE SHADOW FALLのグラフィックは凄いですわ。
KILLZONEシリーズはPS3でもグラフィックは凄かっただけに期待していましたが、期待以上でした。
Battlefield 4はBFシリーズ家庭用初の64人対戦がサクサクと動作して楽しめます。
グラフィックもこれまでの劣化版ではなく、PS4時代に相応しいクオリティになっています。
私的には今回はBattlefield 4が一番の当たりだなと感じています。
PlayStation 4 Battlefield 4

すごい時代になったでしょう

PS4で一番面白いのは「SHAREボタン」ですよ。
Twitterに画像を投稿したり、Twitchで配信したりってことが簡単にできる。
特に配信についてはパソコンでビデオキャプチャとかしなくてもPS4ひとつでできるので、敷居が一気に下がったのが大きいですね。
観る方としても、PS4から配信をサクっと観られるのが便利です。
フレンドが配信しているのを観たりとか、パソコンからだと面倒で観なかったものでもPS4からだとアクセスしやすいから観る機会が増えますね。
PlayStation 4 Live from PlayStation

ゲーマーのためのゲーム機

PS4は本当にゲームのためのゲーム機として作られたと思います。
PS3はゲーム以外のエンタテインメントな機能が充実していますが、PS4ではバッサリと切り落とされているんですよね。
今後のアップデートで機能が追加されたり強化されたりするかもしれませんが、海外市場の快進撃っぷりから純粋にゲームを楽しめるだけで十分だと思います。
それと全てのゲームがダウンロード販売しているのが素晴らしいですね。
PS Vitaはダウンロード販売が充実していますが、PS3は不十分なままでした。
もうね、ディスクの入れ替えとか面倒くさいことやってられないんですよ。
やたら増えるパッケージの保管場所がバカにならないし、なによりもお店へ買いに行くのが面倒くさい。
売り切れの恐れがあるから、お店でいちいち予約もしないといけないし、なにもかも面倒くさかった。
それが一気に解決できるのがダウンロード販売ですよ。
ダウンロード販売を控える時代は終わりました。
ユーザーの嗜好に合わせて販売チャネルを増やすのは顧客満足度向上のため必須ですよね。

こういってはなんですが、経営再建中のソニーから出たPS4が素晴らしいモノになったのは、やっぱ追い詰められたら本気が出るんですかね。