the HIATUSのファーストアルバムTrash We’d Loveがリリースされてから1年。
待望のセカンドアルバムANOMALYが発売された。
もちろん速攻でゲットして絶賛ヘビロテ中だ。

the HIATUS ANOMALY

ファーストアルバムはいきなりピアノかよ!! と驚いたものだが、今回も期待を裏切ることなく全てにおいてファーストアルバムよりもパワーアップしていると感じる。
より重厚に、より美しく、より繊細に、迫力が増したサウンドと心地よいメロディ。
ひとことでいえば「楽曲がより洗練された」と言えよう。
そして相変わらず細美武士のヴォーカルが素晴らしい。
日本語の歌詞の曲は「ベテルギウスの灯」「西門の昧爽」の2曲、英語もいいけどやっぱり日本語の歌詞は心にしみるね。
特に「西門の昧爽」はラストの曲でアルバムの最後を気持ちよく締めくくっている。