2009年 12月 の記事

2009年全俺ゲーム・オブ・ザ・イヤー

今年も残すところわずか。
ってことで 2009年に遊んだゲームのまとめ。
(2009年発売のみ、日本未発売含む)

RPG系

今年の7月に発売延期を繰り返したドラゴンクエストIX 星空の守り人がやっと発売した。
Wi-Fiコネクションのマルチプレイについては「マルチプレイはワイヤレスプレイのみ」ということで最初から計画がなかったことにされてガッカリしたものの、いざ遊んでみると軽く100時間以上を奪われてどっぷりハマった。
通勤時間に「すれちがい通信」して地図をサクサクゲットできるのも面白かった。
特にサラリーマンのプレイヤー層が厚いことを認識されられた。
ドラゴンクエストIX 星空の守り人

今年はドラクエだけでなくファイナルファンタジーのナンバリングタイトルが発売となった。
ファイナルファンタジーXIIIの出来を年内中に一通りプレイして確かめておきたかったので集中してプレイしていたところ、つい先日クリアできた。
JRPGならではの王道一本道RPGムービーゲーではあったが、バトルシステムは挑戦的な作りで面白かった。
サウンドはBGMが良いだけでなく、5.1chサラウンドの音場の広がりが心地よくサウンド全体が高品質に感じた。
ファイナルファンタジーXIII

対戦格闘系

ストリートファイターIVの発売日からしばらくはXbox LiveのフレンドリストがストIV一色となり格ゲー同窓会となっていたなぁ。
オンライン対戦も好感触なんだけど、ガチ対戦がしんどいので一ヶ月くらいでやめちゃいました。
ストリートファイターIV

THE KING OF FIGHTERS XIIを定価で購入したことが悔やまれる(笑)
今年の格ゲーはこれで終わり・・・鉄拳6をスルーしたのだ。
もう格ゲーをプレイするのはかなり辛くなってきたので来年は無理かもしれん。
まったりお気楽対戦してくれるフレンドがいれば別だが(笑)
THE KING OF FIGHTERS XII

アクション系

あのスペランカーがPS3で帰ってきた。
みんなでスペランカーは懐かしい2Dアクションを堪能できた。
ひとり用でクリアしたら是非ともマルチプレイをやってみてほしい。
マルチプレイは難易度が高かったけど、フレンドさんのおかげで踏破できました。
来年早々にみんなでスペランカー ブラックが発売されるらしい。
とてつもなく難しいんだろうなぁ。
みんなでスペランカー

夏はWii スポーツリゾートが楽しかった。
Wiiモーションプラスの精度には驚いた。
最初からこいつがあればドラゴンクエストソードはもっと・・・
Wii スポーツリゾート

音楽・リズム系

今年もギターコントローラを掻き鳴らしまくり。
リッケンバッカー325のギターコントローラはとても好感触。
これでギターコントローラは3つになってしまった。
The Beatles: Rock Band リッケンバッカー325

なんといっても今年は待望のThe Beatles: Rock Bandがついに発売!!
しかもXbox 360の海外版がまさかのリージョンフリーでうれしい誤算。
おかげでビートルズのサイケデリックなサウンドの魅力を再発見できた。
The Beatles: Rock Band

ギターヒーローシリーズは乱発気味だが、Guitar Hero 5の完成度は高い。
システム的には満足のいく出来だった。
後は過去の楽曲のインポートにもっと力を入れてくれたら文句ないのだが。
さて来年はRock Band 3が出るのかどうか?!
Guitar Hero 5

FPS/TPS系

オレ的メインストリームになりつつあるFPS/TPS系だが、今年も豊作。

PS3の超大作KILLZONE 2が発売!!
PS3の真の能力を発揮して家庭用ゲーム機の最高峰のグラフィックスを実現。
オンライン対戦も充実しており、存分に楽しめた。
KILLZONE 2

夏だ!! 祭りだ!! 戦争ゴッコだ!!
お祭りFPSのBattlefield 1943がダウンロード専用タイトルで登場。
シンプルで良かったけどマップが少なくてモノ足りない。
来年のBFBC2に期待。
Battlefield 1943

これをFPS/TPS系と言っていいのか分からんがオレ的にはTPSとして楽しめたのが機動戦士ガンダム戦記。
地雷を踏んでも泣かないガンダムゲーム好きでなくても、そこそこ楽しめる意外と良作だった。
機動戦士ガンダム戦記

Halo 3: ODSTは協力プレイが面白いのに野良マッチングがないせいで速攻お蔵入りになってしまった。
発売後一週間くらいはフレンドと一緒に遊んでいたが、それ以降は起動しているフレンドが急速に減っていき・・・
ゲーム自体は面白いだけに残念すぎる。
ワゴンセールでお求めやすい価格で売られているのを見かけるのでおひとついかが?
Halo 3: ODST

これもFPS/TPS系と言えるのか分からんが、オレ的にはTPSとして楽しめたアンチャーテッド 黄金刀と消えた船団。
ゲームにおけるシネマティックな表現というか体験が素晴らしい。
現時点でのアクションアドベンチャーの最高峰に達していると思う。
単なるムービーゲーではないシネマティックな体験と感動をゲームにもたらした功績はあまりにも大きい。
来年のゲームはこれを超えることができるのだろうか!!
アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団

毎年恒例ホリデーシーズンはCall of Dutyの季節ですよ~
Call of Duty:Modern Warfare 2は日本の発売を待ちきれずに海外版を購入。
Xbox 360版とPS3版の北米版と日本語版を購入して合計4本も・・・
Call of Duty:Modern Warfare 2

マルチプレイのマップが前作よりも広くて複雑になり、航空支援が多彩になったりと、より上級者が暴れまわるようになったと感じる。
ヘタレにはつらいよ・・・でも面白いからやりますが!!
ああそれと、ストーリーで分からないところがあればこちらのストーリー補足を読むと何か分かるかも。
Call of Duty:Modern Warfare 2

来年のCall of DutyはTreyarchのターンでベトナム戦争かキューバ危機なのかな。
TreyarchはCoD:WaWのナチゾンビが面白かったので協力プレイのモードに期待したい。

他にも沢山あるけど、きりがないのでこのあたりで、今年の全俺Game of the Yearは・・・

アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団で決まり!!
アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団

VGAのGOTYと同じ結果ですが、今年のタイトルでは頭一つ抜きん出ていると感じる。
それにしても今年はPS3が稼働しまくりだった。
Blu-rayプレイヤーとしても酷使しているので、そろそろ故障した時のことも考えておかねば。
今のところ快調だが、故障というのは突然やってくるので(笑)
故障といえば今年はXbox 360が初レッドリング点灯したのよね~

では皆様、本年もお世話になりました。
よいお年を!!

Call of Duty: Modern Warfare 2 二週目突入

相変わらずCoD:MW2はPS3版のオンライン対戦を中心に遊んでいる。

そして、とうとうやってきた・・・
一回目のプレステージ(名誉モード)である。
武器やパークを全て失ってレベル1からやり直すこのプレステージであるが、プレイヤーの階級アイコンを見れば何週目なのか分かるようになっている。
で、見たところ、今作でもプレステージしているプレイヤーが多いのだ。
Call of Duty: Modern Warfare 2 Prestige

というわけで二等兵からやり直すことになった。
失うものもデカイが得るモノもある。
CoD:WaWと同様、カスタムクラスの枠がひとつ増えるのがありがたい。
プレステージはオンライン対戦を続けるモチベーションのひとつにもなっているのは確かだ。
さぁ、後何週できるかな?!
Call of Duty: Modern Warfare 2 Prestige

Call of Duty: Modern Warfare 2 ストーリー補足

CoD:MW2なんですが、キャンペーンをクリアした人もぼちぼち増えてきたと思います。
今回も前作に劣らずストーリーを楽しめましたが、ストーリーが分かりにくいところが多々あります。
私の周囲でも「キャンペーンのストーリーが途中から分からなくなった」とか「大体分かったけど、アレは何で?」なんて意見をぼちぼち耳にするようになったので、私の理解している範囲でちょっと補足してみます。
いちおー北米版3回、日本語版1回クリアしております。

※ご注意※
この記事にはCoD:MW2の盛大なネタバレを含みます。
キャンペーンをクリアしていない人。
またはCoD:MW2を購入予定の人は絶対に読まないことをおすすめします。
以下はあくまで私個人の意見であり、公式の情報に基づいた説明ではありません。
あらかじめご了承ください。

1. プライス大尉は何故、核ミサイルを発射したのか?

ずばり、プライス大尉の独断専行の暴走である(笑)
そう考える理由は、このミッションの導入部(ローディング中の会話)シェパード将軍とプライス大尉の通信のやり取りの中で、プライス大尉がロシアの潜水艦に搭載されている核ミサイルの画像を送信した上で「油火災を消したいなら、それより大きい爆発を起こせばいい」と提案しています。
(原文)You wanna put out an oil fire, Sir, you set off a bigger explosion right next to it.
プライス大尉はさらにこう続けています。
「我々は大火の中に居る、大爆発が必要だ」
(原文)We got ourselves a pretty big fire. Gonna need a huge bang.
しかし、シェパード将軍はプライス大尉のこの提案を承諾しません。
そこでプライス大尉はここでワザと無線を切ります。
「接続が切れたようだ」(ニヤリ)
(原文)Looks like we lost our connection.
で、このミッションですが、もともとは核ミサイルを積んだロシア軍の潜水艦が潜航準備しているのを察知したのでシェパード将軍が基地制圧のためTF141を派遣したのだと思います。
ところがプライス大尉が核ミサイルを発射して高高度核爆発によるEMPを発生させてロシア軍の戦線が壊滅、一気に戦争終結へと向かったわけです。

2. 核ミサイルの爆発で何が起きたのか?

核ミサイルの行方は宇宙ステーションからの映像でも確認できましたが、高高度大気圏で爆発したと思われます。
合衆国のはるか上空で爆発した戦術核は強烈な電磁パルスを引き起こして、全ての電子機器をブッ壊しました。
この電磁パルスによる電子機器障害はEMPと称されており、直接的には生物を殺さない非殺傷の軍事手段であるが、航空機等の兵器は電子制御なしでは動かないため、ロシア軍の戦線が壊滅した。
その結果、残りは局地的に立てこもる兵士を掃討するだけとなった。
プライス大尉の目的はまさにそれで、核ミサイルによってEMPを発生させ、ロシア軍の大半を壊滅させることにあった。
なお、高高度上空で爆発したため、放射能汚染はないと考えられます。
核爆発によるEMPは放射能汚染を発生させずに核ミサイルを利用できる手段として軍事では認識されていますが、ミリオタしか知らないような事項なので分かりにくかったと思います。

3. 全てはシェパード将軍の企みなのか?

最初から全てシェパード将軍の陰謀だと思われます。
マカロフに大金を払って空港事件を起こさせた。
そのメンバーにアメリカ人であるジョセフ・アレン上等兵を潜入させておき、マカロフに殺させた。
空港事件はアメリカ人グループによるロシア人無差別大量虐殺事件とされた。
ロシア人の反米感情が一気に高まり、ロシア軍が報復として合衆国へ侵攻開始。
ソープ達に墜落した人口衛星のACSモジュールを回収させたが、衛星監視網の暗号をロシアに流出させていた。
暗号を入手していたロシア軍は防空監視をくぐり抜けて安々と合衆国領空へ侵入した。
もはや頼れるのはシェパード将軍のみとなり、国防長官から全権を委任される。
ここまで大成功。
用済みになったマカロフとTF141をまとめて抹殺しようとしたが失敗。

4. シェパード将軍の目的と動機は?

一連の事件の首謀者と考えられるシェパード将軍だが、彼を決意させたのは5年前の戦争でアルアサド捕獲作戦の指揮をとった際、核爆発によって3万人もの兵士を失ったことであると思われる。

終盤のシェパード将軍のセリフ「5年前、私は瞬く間に30,000人を失った」
(原文)Five years ago,I lost 30,000 men in the blink of an eye.

彼はこう続ける。
「それを世界はただ傍観した」
(原文)And the world just fuckin’ watched.
「明日からは志願兵の不足はない、愛国者の不足はないだろう」
(原文)Tomorrow there will be no shortage of volunteers,no shortage of patriots.

戦争をテレビの向こう側に押し込めて、ただ傍観するだけの平和ボケした人々に、戦争を間近で観せてやり、巻き込んでやり、そして体験させてやる。
そして自らが指導者となり、合衆国を強い国家に造り直したいと考えたのではないでしょうか。

思うにシェパード将軍はEMPにより早期に戦争終結に向かったことは想定外だったと思います。
もう少し時間をかけて支配していく計画だったと思います。

と、ここまで偉そうに書いてきてなんですが、自分も分からない部分が幾つかあります。
ストーリー上のセリフや演出では直接描かれていない部分は、もう想像するしかないですよね。

Q1. 大統領はどこいった?
シェパード将軍は国防長官から全権を委任されているが、大統領は無事なのだろうか?

Q2. フォーリー軍曹の部隊が救出しようとしたVIPは何者? 回収したブリーフケースの中身は?
フォーリー軍曹の部隊がシェパード将軍の指令でVIPの救出に向かうが、既に死んでいたので、現場に残っていたブリーフケースを回収する。
外には空軍のジェット機の残骸がある。
VIPは既に死亡していたが、現場にはシャドーカンパニーっぽい兵士と死体があった。
<2011/1/7追記>
倒れていた兵士の刺青からマカロフ一味のロシア軍であると分かる。(No Russianのミッションでマカロフの部下には同じ刺青がある)

Q3. マカロフはシェパード将軍の陰謀を知っていたのか?
空港事件を起こせば戦争になるのは自明の理であり、そうなればシェパード将軍が大権を握ることになるのは予想できるだろう。
シェパード将軍としてはマカロフに事情を知られているのは弱みであり、用済みになれば消そうとすることくらい分かるだろう。
それでも目先の大金に飛びついただけならシェパード将軍の言うとおり「ただの狂犬」である。

Q4. シャドウカンパニーとは?
終盤に登場するシャドウカンパニーだが、シェパード将軍子飼いの私兵のように観える。
民間軍事会社の傭兵集団なのかもしれませんね。
<2010/6/27追記>
シャドウカンパニーの兵士がSOCOMのワッペンを付けていることが確認できたので、アメリカ軍の特殊部隊だと考えられます。

Q5. 戦争は終わったのか?
EMPによりロシア軍の戦線が壊滅したため、終結に向かっていると考えられますが、はっきりしていません。
次回作へ続く可能性も?!
プライス大尉が「変だな? 昨日、この戦争を終わらせたが」と言ってますので、終結への目処は立っているのではないでしょうか。
(原文)Strange. I could sworn we ended this war yesterday.

全体を通して前作に比べると分かりにくい部分が多いなぁ~という印象です。
まぁそれでもカッコイイし面白いのですがね。

PAC-MAN Championship Edition

PAC-MAN Championship EditionがiPhone/iPod touchにキター!!

PAC-MAN Championship Edition

ただのパックマンと思うなかれ、パックマン世界選手権のために製作されたという、パックマンの究極進化バージョンなのだ。

もともとはXbox Liveアーケード専用のタイトルであり、Xbox 360ではHD画質で堪能できて素晴らしいのだが、Xbox 360だけでしか遊べないってのは残念すぎる。
Nintendo DSやPSPなんかの携帯ゲーム機でも存分に楽しめる内容だと思うのだよね。

それが突然iPhone/iPod touchで登場したのだから驚いた。
発表即発売だったのでびっくりしたわ。
バンナムよくやった。
この調子でギャラガレギオンズも頼むわ。

さて、肝心の内容だが、MISSIONモードというのがあって、与えられたお題目をクリアしていくというもの。
MISSIONの一つひとつは1分程度で終わるミニゲームといった感じ。
PAC-MAN Championship Edition

で、こちらがメインコンテンツと言えるCHAMPIONSHIPモード。
5分間のタイムアタックで高得点を目指すモード。
得点を稼いでいくとパックマンとモンスターの移動速度がガンガン速くなっていく。
たった5分でエキサイティングできちゃう!!

PAC-MAN Championship Edition

PAC-MAN Championship Edition

450円で追加ゲームを購入すると・・・
MISSIONモードが100ミッション追加。
CHAMPIONSHIPモードが10コース追加。
CHALLENGEモードが追加。
いきなりDLC商法かよ!!
さすがバンナムだぜ。
PAC-MAN Championship Edition

Call of Duty: Modern Warfare 2 戦争開始 皆々開始

待ちに待ったCoD:MW2日本語版発売!!

既に海外版で存分に楽しんでいる自分だが、日本語版も購入したよ!!
これでXbox 360とPS3のそれぞれ日本語版と北米版がそろった(笑)

Call of Duty: Modern Warfare 2

吹き替え音声の件は前作のファンにとっては残念なことになったが、今は発売を喜びたい。
ただ、スクエニがActivision Blizzardのタイトルのローカライズ権や独占販売権を抑えているのは気がかりである。
具体的にはDiablo 3なんだが、スクエニが余計なことをしないか心配だ。

それはさておき、私は前作ではサブマシンガンをよく使っていたが、どうも今作では射程、精度、威力などを総合するとイマイチな感じだ。
本来は近距離戦に強い武器なのだが、前作は中距離でも結構いけたのだよね。

今作はアサルトライフルが充実しているので、アサルトライフルで慎重に立ち回るように心がけていたが、自分の性格に合わない感じなので、最近はショットガンを持つようにして、ショットガンで突撃するようにしたら、これがなかなかいい感じ。

ショットガンが強すぎることへの批判も見受けられるが、自分も同感である。
特にショットガンの二丁持ちはとんでもない強さなので、新兵諸君はテナガザルみたいなショットガン二丁持ちを見かけたら注意せよ!!

二丁持ちも強いが、私には二丁持ちできないが連射できるショットガンのほうが使いやすい。
これも近接戦闘では凶悪な性能を持っている。

あれが強すぎる。これが強すぎる。なんてのは毎度のことだから仕方ないね。
なんだかんだ言ってCoD:MW2は面白い!!

せんそーかいしー♪ みなみなかいしー♪

TOP

プロフィール

対戦ゲームで日々フルボッコにされているヌルゲーマーです。

6年間MMORPGにハマって心身ともに不健康な日々を送り、このままじゃヤバイと足を洗う。
現在はヒマを持て余し、映画を観たり(ほとんどWOWOW)音楽を聴いたり(ほとんどスペシャ)ゲームをしたり(ほとんどPS3とXbox360)まったりと過ごしている。ってほとんどインドア!!

ついったーでゲームのことを中心につぶやいています。
http://twitter.com/kogumach