2008年 10月 の記事

Wii Music

Wii Music
予約していた Wii Music が届いた。
早速やってみたけど、これは従来の音ゲーとは全然違うね。
たいていの音ゲーはリズムに合わせてボタンを押すというもので、リズムを外すと失敗となるわけだが、Wii Music はリズムに合ってなくても全然構わない。
失敗がないのでクリアとか得点とか関係ない。
なので数時間もあれば、ほとんどのアンロック要素が解除できる。
さて、問題はここからで、楽しめるかどうかだ。
はっきりいってゲームらしい要素は全くなく、これはもう音楽おもちゃの一種なんだろうと思う。
では Wii Music を続けるモチベーションを維持するための要素はなにか?
それは自分なりのアレンジを見つけることだと思う。
アレンジの楽しみに開眼すれば Wii Music がスゲエ面白くなる。
Wii Music
なんかオーケストラの指揮が楽しくてやりまくっていたら腕が痛くなった。
Wii痛なんて久しぶりだ。
Wii Music
ゼルダいいよ!!
ゲームミュージックもっと増やして欲しかったな~
Wii Music

Nintendo DSのネット接続やばいよ

DSのWi-FiコネクションはWEPと呼ばれる暗号を利用できますが、以前からWEPは解読が可能ということが分かっていて危険だったんですが・・・
それがなんとWEPを10秒で解読できる方法が発見されたそうで、しかもそのプログラムの公開を検討しているそうです。
驚くのはフツーのパソコンで出来るということです。
「WEPは10秒で解読可能」、神戸大と広島大のグループが発表
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/10/14/21162.html
で、先日発表されたDSiなんですが、こちらはWEPよりも強力で解読が困難な暗号のWPAやWPA2を利用できるようになっています。
私みたいなセキュリティ心配野郎はとっととDSiを買って安心すればいいのでしょう。
と思っていたのですが、DSiであっても従来のソフトはWEPしか利用できないようです。
というのも、社長が訊く「ニンテンドーWi-Fiアダプタ」によると

先日発表されたばかりのニンテンドーDSiを使うときは、従来のDS用ソフトは、従来のセキュリティレベルですが、ニンテンドーDSiブラウザーやニンテンドーDSiショップなどDSi専用に作られた新たなソフト群では、セキュリティレベルの高い方式を使えるようになりました。

という、いわっちの発言なんですけども
ここで言う従来のセキュリティがWEP
セキュリティレベルの高い方式がWPA/WPA2のことだとして、新たなソフトでしかWPA/WPA2を利用できないと読めます。
社長が訊く「ニンテンドーWi-Fiアダプタ」
http://wifi.nintendo.co.jp/wap/interview/index.html
ちなみにWiiはWPA/WPA2に対応しています。
そんなに必死になって、WEPが解読されて何かマズイことあるの?という疑問もあるでしょう。
おうちのインターネット回線をタダ乗りされたり、パソコンをのぞかれたり、スパムメール送信の踏み台にされたり、スパイウェアやウイルスを埋め込まれたり、いたずら犯罪予告の書き込みに使われたり、著作権違反ファイルのアップロードやダウンロードに使われたり、不正アクセスの踏み台にされたりとか、まだまだありますが。
で、どうすりゃいいのか。
ずばり、ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタを買え!!ってこと。
ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタを使うとどうなるのか。
で、またまた、いわっちの発言によると

Wiiやパソコンをつなぐときは、セキュリティレベルの高い方式を使いながら、一方ではDSともちゃんと通信ができるという仕組みなんですよね。

これをマルチセキュリティと呼んでおり、ニンテンドーWi-FiネットワークアダプタではWiiやパソコンはWPA/WPA2を利用し、DSだけはWEPを利用することで、Wiiやパソコンは守られるというわけ。
DSは守れませんが、DSの通信を解読されても別にいいでしょ?ってことになる。
これだとパソコンはのぞけないけど、インターネット回線の乗っ取りは出来るので、完全解決とはいかないですね。
マルチセキュリティについては、同様の機能を持つ無線ルータが既にバッファローやNECやコレガから市販されているので、それらを使っているなら同じことですね。
古いセキュリティ技術が破られるのは仕方ないことで、これが古いパソコンとかならまだしも、DSやDS Liteとなると、現在稼動している台数からして別次元なわけです。
任天堂がなんらかのアクションを起こしてくれることを願っています。

グラインドハウス

連休中は WOWOW の録り溜めて放置していた映画を観たり。
その中でも面白かったのはグラインドハウスだ。
タランティーノ監督のデス・プルーフ in グラインドハウスと、ロドリゲス監督のプラネット・テラー in グラインドハウスの2本立て。
デス・プルーフはタランティーノ流のくらだない会話のシーンがやたら長い。
パルプフィクションのようなストーリー筋に関係ないくっだらねぇ会話は好き。
後半から終わりにかけて、ようやくカーアクション。
CGなしってことで、凄いんだろうけど、うーん、正直少し物足りない。
カーチェイスで、アッと驚かせるものが欲しかった。
それを望むのは間違いだとも分かっていのだが・・・
会話にはマニアネタがたっぷり詰まっているのだろうけど、ド素人の自分にはさっぱり。
プラネット・テラーはゾンビが大漁だ。
グチョグチョ、ドロドロ、バラバラで満足した。
サブキャラも結構イカしているし、ブルース・ウィリスとタランティーノもゾンビ化してるし。
どちらもB級テイストたっぷりで、わざと映像にノイズをのせていたり、フィルムが飛んだような感じでシーンが切り替わったりとか。
ちなみにエロは控えめなのが残念。

ハドソン太っ腹だぜ!!

前回に引き続いて iPhone について
既に iPod touch があるというのに iPhone を買ってしまったわけで・・・
これでライトセーバーのアプリを入れて、右手に touch 左手に iPhone の二刀流もできちゃう。
iPhone
さて iPhone/iPod touch が新しいゲームプラットフォームとして発展していくことを期待しているんだけど、今のところ私にはハマれるタイトルがない。
とにかく似たようなレースやパズルがやたら多いんだよね。
それから 1,200円で発売開始したものが 115円に値下がりしたりとか無茶苦茶なバーゲンセールになったりするタイトルもあって、んなこと乱発されると今後は発売直後に購入する気がうせるじゃないかと!!
さて、値下げどころか東京ゲームショウ2008開催の期間限定で無料になっているのがハドソンの 3つのタイトルだ。
国内だとハドソンが App Store のローンチからボンバマーンをリリースしたりと気合が入っているね。
まずは AQUA FOREST
物理エンジンでリアルな液体の動きを活用したパズル。
タッチしたり本体を回転させたりと、iPhone/iPod touch のセンサー機能を活用したゲーム。
AQUA FOREST
Freeモードでは自由にイジくりまわせる。
AQUA FOREST
NeoSameGame
さめがめ。
NeoSameGame
iPhone/iPod touch を機能を活かしたSHAKE、TILT、COMBO、RAINBOW BLOCK が使える。
もちろん従来のクラシックなゲームモードもあり。
NeoSameGame
Catch The Egg
空から落ちてくる卵をキャッチするゲーム。
本体を上に向け、タイミングよく受け止める動作をする。
本体の動きに合わせてカメラアングルが自由自在に動くのは面白い。
Catch The Egg
失敗するとこうなる。
Catch The Egg
しかし、本体を回転させたり、振ったり、上に向けるゲームなんて電車の中ではプレイできませんな。

ようこそ iPhone さらばガラパゴスケータイ

ケータイを au からソフトバンクへ乗り換えた。
機種はもっちろん iPhone だ!!
iPhone
au のケータイを 2年使っていて、特に不具合もなかったのだが・・・
なんというか、飽きてきたので、機種変更しようかと考えていたところに、どうせなら iPhone にしちゃえと。
iPhone にしたことで、おさいふケータイもワンセグも無くなってしまったが、その代わりに快適な Web閲覧と豊富なアプリケーションを手に入れたわけだ。
ワンセグは EM・ONE で観られるし、おさいふケータイは Edy と nanaco のカードを作ることにする。
お父さん犬
お父さん犬づくし、ストラップがいいね。

TOP

プロフィール

対戦ゲームで日々フルボッコにされているヌルゲーマーです。

6年間MMORPGにハマって心身ともに不健康な日々を送り、このままじゃヤバイと足を洗う。
現在はヒマを持て余し、映画を観たり(ほとんどWOWOW)音楽を聴いたり(ほとんどスペシャ)ゲームをしたり(ほとんどPS3とXbox360)まったりと過ごしている。ってほとんどインドア!!

ついったーでゲームのことを中心につぶやいています。
http://twitter.com/kogumach