2004年 11月 の記事

EverQuest II 激重

20041118-2.jpg
EQ2 が要求するハードウェアスペックは相当キツイ!!
CPU とビデオカードはもちろんだが、特にメモリが少ないとヤバイ。
うちでは EQ2 が動く PC が 4台あるので試してみたところ、メモリは推奨スペックのとおり 1GB 以上が良いと感じた。
EQ2 ではゾーンのデータにかな~りメモリキャッシュが効くようになっている感じで、一度入ったゾーンへ再び入る時、かな~り素早く切り替わることがある。
なので大量にメモリを積めば効果絶大だと思われる。
タスクマネージャを視るとデフォルトの設定で通常 500~700MB くらいのメモリを消費していた。
ゾーンによって結構差があるみたいだ。
512MB でも、遊べないことはないがディスクアクセスが多くなる。
ビデオカードについては DirectX 9 対応が必須とされているが、ハードウェアが対応していなくてもドライバが DirectX 9 対応なら動くようだ。
※2004/12/7 追記※
どうやら Shaderユニットが無いビデオカードでは動作しないらしい。
例えば GeForce 4 Ti だと OK だが、 GeForce 4 MX だと駄目って感じ。
うちの場合 GeForce 4 Ti4600 での動作を確認できたので、Shader 1.X 搭載の DirectX 8 世代のビデオカードなら動きそう。

今までメインの PC では GeForce FX5700Ultra を使っていたのだが、こいつをサブの PC で使い、メインの PC には GeForce 6800(無印)を購入した。
無印の GeForce 6800 といえば、もともと Pixel 12パイプ/Vortex 5パイプなのを Pixel 16パイプ/Vortex 6パイプへできるかも(もちろん自己責任)ってことで成功すればお買い得だなぁ~と思ったらアッサリとできた。
EQ2 のグラフィックの設定は項目が半端じゃなく多い!!
とりあえずあらかじめ用意された 7つのプリセットから選択できる。
上から順に
Extreme Quality
Very High Quality
High Quality
Balanced
High Performance
Very High Performance
Extreme Performance
となっている。
Balanced 以上は現時点のハイスペックPC でないと厳しい感じ。
最低ランクの Extreme Performance ではキャラクターが「のっぺらぼう」になってしまうが、とっても軽い。
うちの所持パーツの組み合わせで Pentium 4 3.0GHz+Memory 2GB+GeForce 6800 が最高なのだが、Extreme Quality ではカクつきまくり。
今のトコは軽い場所では Balanced 重い場所では Very High Performance をベースに調整してやってる。

EverQuest II 試験

20041116-2.jpg
そろそろ操作にも慣れてきたのでデフォルトの UI に不満が出てくるのである。
まずは EQ1 でいうところの viewport の設定をしたいのだが、ちょこっと調べてあきらめた・・・
それはさておき、晴れて Freeport 市民となった次は、職業の訓練を受けるのである。
これも一連の Quest となっており、この Quest を完結しないと、これ以上のレベルアップはできないので誰もが必ず通る道なのだ。
この Quest では Freeport と隣接するゾーンを何度も往来することなった。
EQ2 の Freeport はアホみたいに広くなっているが、迷いながら走り回るうちに地理を覚えることができた。
戦闘を要するパートもあるが、単独行でも可能な難易度となっている。
私の場合 2アカなので楽勝でふたりのキャラクターの Quest を同時進行するのだった・・・
1キャラと 2キャラでは効率が格段に違うのだ!
そして試験に合格し Crusader と Cleric へ昇格した。
と同時にレベル10 になったので The Commonlands へ踏み込む。
広がる砂漠、危険な野獣、オークの群、しっかり周囲を確認して歩かないと襲われて死ぬだろう。
こういった感覚は久しぶりだ。

EverQuest II 旅立ち

20041114-1.jpg
キャラクターを作成するのに時間がかかったが EverQuest II プレイ開始!
EQ1 にもチュートリアルがあるが、もちろん EQ2 にもあった。
初心者島で基本操作やら簡単な Quest のやり方を学んでから Freeport へ渡る。
まずは Freeport の Citizenship を得ないとレベル7 以上になれないので、この市民権の Quest を済ませる。
宿屋で自分の部屋を借りたり、Sewer を移動したり、最後はバトルありと、なかなか Quest らしくなっていた。
ただここでキツイのが英語の壁である。
ちゃんと文章を読まないと進めない感じである。
これを完全日本語化したら、スゲー楽しめると思うので日本語版の発売が楽しみ!

EverQuest II 開始

2004年11月8日 EverQuest II 英語版が発売された。
11日あたりから日本へ上陸したようで、12日には大阪でもソフマップで店頭販売を確認した。
でもって、来年発売予定の日本語版まで待てるはずもなく買ってしまった・・・
っていうか、英語版スルーのはずが、ここ数日で急激にヤリたくなったので、定時ダッシュで買いにいったというダメっぷり!
毎度のことだが、この手の輸入版ゲームは入手困難なものです。
予約したのに、まだ届かね~という嘆きもよく聴かれます。
なんとなく運良く店頭でゲットできてしまったが、もし売切れだったら熱が冷めて日本語版まで待ったかもしれないな~
で、サーバダウン中なので、実はまだプレイできていないのだよね。
しかしですね、これで完全に EQ1 への興味が急激にお亡くなりになったというか、かなり危険な状態です。
UO、EQ1 とそれぞれサービス開始直後からやってきたので EQ2 も速攻ヤリたいんですよ!
日本のゴールデンタイムに連日サーバダウンの嵐だとしてもヤリたいのよ!
で、とりあえずパッケージを観察しながらサーバアップを待つのだった!
箱の外観です。表裏にそれぞれ Freeport のリーダー Lucan D’Lere と Qeynos のリーダー Antonia Bayle が描かれています。
Lucan D’Lere の声優は、なんとクリストファー・リー様です。サルマンやドゥークー伯爵の俳優です。
Antonia Bayle はヘザー・グラハムで日本だとフロム・ヘルやオースティン・パワーズあたりが有名か?
20041112-1.jpg
それぞれ Freeport 勢力と Qeynos 勢力のイラストが描かれている。英語版パッケージにしては箱が小さい。右下はマニュアル。
20041112-2.jpg
DVD 2毎組です。こちらも Lucan D’Lere と Antonia Bayle が描かれている。
このケースを開くと Account Key が印刷されたシールが貼ってあった。
20041112-3.jpg
で、なんで箱が 2個あるねん!
とりあえず最初は少なめで 2アカくらいにしときまひょ・・・

TOP

プロフィール

対戦ゲームで日々フルボッコにされているヌルゲーマーです。

6年間MMORPGにハマって心身ともに不健康な日々を送り、このままじゃヤバイと足を洗う。
現在はヒマを持て余し、映画を観たり(ほとんどWOWOW)音楽を聴いたり(ほとんどスペシャ)ゲームをしたり(ほとんどPS3とXbox360)まったりと過ごしている。ってほとんどインドア!!

ついったーでゲームのことを中心につぶやいています。
http://twitter.com/kogumach