2004年 7月 の記事

EverCamp

20040718-1.jpg
20040718-2.jpg
EverQuest の Quest は簡単なモノから、超廃神仕様まで色々ありますが、なんにしても Quest ちゅうよりは長時間の Camp を必要なモノが多いため、これは EverCamp だろうと言われたり。
私は Quest が大嫌いなんで、ほとんどやらないし、まともにやったのは Epic Quest と Aegis of Life と Solusek Temple の Armor Quest ってコレ何年前の話だ?
Velious 以降って Quest らしい Quest って全然やってないんですよ。
8th Shawl も 10th Ring もやっていません。
もちろん Aid Grimel も !!
で、今流行りなのが BiC ってヤツ。
Gates of Discord の Quest なんですが、当人が廃人なのは当たり前として Raid Force が必須で大変です。
最初一人か二人だったのが、なんかどんどん増殖中です。
皆さん頑張ってください・・・私はやりません。
というわけで Quest 面倒くせ~やりたくね~ので長らく放置していた Quest があったのだが昨日終わった。
Veeshan’s Peak Key ですよ。
この Quest に必要な最重要Item の Trakanon’s Tooth を何年前だかに頂いたのですが、なんとですね Medallion のカケラをひとつも集めないまま今に至ったワケです。
ホント Guild メンバーには申し訳ない(もはや時効?)
で、先日 Veeshan’s Peak が リニューアルされたので、これを機にやってみようと一念発起したのです。
結果的には Kunark 大陸 を 3日間奔走して無事完成しました。
今は移動がスゴイ楽になっているので、以前に比べると移動にかかる時間が大幅に短縮されたのでしょうね。
そして、リニューアルされた Veeshan’s Peak へ入るために Key のアップデートが必要なんですが、早速やってきました。
で、リニューアルされた Veeshan’s Peak では Dragon が Quest くれるらしいよ~って・・・
次に Quest らしい Quest をやるのは何時のことやら~

Movable Type 3.0

Movable Type 3.0 Developer Edition 日本語版が公開されたので、早速アップデートしました。
SPAMコメント対策などコメント管理機能が強化されているが、ウチには関係ないなぁ・・・
それと、も~ひとつ日本語でインストール方法やマニュアルが公式に公開されているのも嬉しいですね。
これで従来の英語版に比べると導入が簡単になりましたね。

天地英雄

邦題「ヘブンアンドアース」 WARRIORS OF を付けると語呂がイマイチだから省略したのだろうか?
それはさておき、よくコレ日本で上映したな、という出来でした。
日本にとっては中井貴一主演っつうこと以外繋がりがない作品でありますね。
まともに評価すると超辛口になりそうですというか、既にそうなっているといえるのが、店頭での取り扱いひとつとってもやっぱその程度なんかと・・・
ストーリー的には中盤眠くて最後に無理矢理閉めたりとか、全体的にカメラワークが変だとか、セリフがイマイチ、ナレーションに頼りすぎ、なので観にくい、そもそも脚本がダメじゃん、みたいな。
アクションに期待するのもバツで、そもそもワイヤーアクションものではないので、勘違いしてはいけません。
殺陣はそれなりにあるが、最近の作品に比べると迫力は無く、一昔前って感じです。
しっかし、そ~いう評価ってのはハリウッドと比べるからあかん。
はっきり言うとアジア映画、特に中国映画好きなら、んなこと気にすんな観ろ!って作品です。
そう、役者はスゴイ!
せっかくのヴィッキー・チャオを出し惜しみしているのも憎いところであります。
本来なら、もっと魅せるシーンないのかよ~って感じなんだが、そういう人はクローサーを観てください。
これは漢の戦いの映画なんでそれでいいのだと!
荒野の七人、七人の侍の中国版なんだと!
で、仏舎利ですよ!
最後はワケワカリマセンが、似たようなシーンが超有名作品にもあった。
「レイダース 失われたアーク」(インディ・ジョーンズの第1弾だが、タイトルにインディ・ジョーンズが付いたのは第2弾の「魔宮の伝説」から)の最後の最後でアークを開けるシーンです。
アークっつうのはモーセの十戒の破片を納めた聖櫃なんですね。
まさに仏舎利は東洋版アークってことで、このシーンは影響受けたんじゃないスかね。
ま~なんつうかアジア映画好きと中井貴一ファン以外で買った人は orz
さぞかしパッケージ裏面のコピーがムカつくことでしょう。
引用すると~
「HERO/英雄」「ラスト・サムライ」「グリーン・デスティニー」
そしてこれが究極のスペクタクル・アクション!!
~とあります。
HERO はバリバリのワイヤーアクションだし、ラスト・サムライはそもそも中国ではない!
グリーン・デスティニーはリアル版マトリックスともいえる、どれとも似つかないのにこの安っぽいコピーはなんなんだ?

ヘブンアンドアース

久々の DVD 購入「踊る~」と「ファインディング・ニモ」はスルーなので「ロード・オブ・ザ・リング」まで何もないかと思いきや「ヘブンアンドアース」があったのを忘れていた。
なんか新品棚の一番隅っこへ置いてやんの~
無事発見できたからいいがね。
一応発売日は明日なので、明日には並べ直すのだろうか?
それとも隅っこのままなのか?
感想は後日ということで~

守りに入ったUO

Ultima X: Odyssey 開発中止!
大変残念でありますが、大人の事情での判断なんでしょう。
まぁ 堅実とゆ~か、今後は Ultima Online の収益をキープするのが当面の経営方針なんでしょうね。
期待の次世代MMORPG がひとつ無くなったとはいえ Ultima Online の拡張と未発表のウルティマ関連プロジェクトとやらに期待ですな。

TOP

プロフィール

対戦ゲームで日々フルボッコにされているヌルゲーマーです。

6年間MMORPGにハマって心身ともに不健康な日々を送り、このままじゃヤバイと足を洗う。
現在はヒマを持て余し、映画を観たり(ほとんどWOWOW)音楽を聴いたり(ほとんどスペシャ)ゲームをしたり(ほとんどPS3とXbox360)まったりと過ごしている。ってほとんどインドア!!

ついったーでゲームのことを中心につぶやいています。
http://twitter.com/kogumach