2004年 5月 の記事

武士道とは

「ラスト サムライ」の DVD 発売から一週間、その間に何度も観ましたが、先週の話題はトロイとブラビで持ちきりだったと思いきや、今日はカンヌ映画祭でイノセンスが無冠に終わったね~
本題に戻って「ラスト サムライ」は武士道の滅びの美学を描いた作品だ。
時代に取り残されたサムライが滅びていくのが美しいのだ。
正直かなり日本人の心にグッとくるものがある。
自然の風景がロード・オブ・ザ・リング風味なのを除けば、外国人によって作られた日本の風景なのに、ある意味ホンモノより日本らしいといえよう。
いや、今の日本が日本らしさを失っているということなのか?
まっ そんなことを考えなくとも娯楽映画としても素晴らしい。
アクションシーンもレベルが高い、流血表現は控えめというか皆無に近く、暴力性は薄い。
かといってつまらないワケではない、特にラストの戦いは凄まじい迫力がある。
正直なところ全編を通して目頭が熱くなるシーンが満載だった。

クッキーに食い潰される?

京ポンのファームウェアのアップデートを済ませた。
京セラのウェブサイトからダウンロードするだけで速攻で終わってしまった。
しかし、この手のアップデートにしてはアッサリすぎて、面白味がない・・・
さて Opera ブラウザ搭載なのでフツ~のパソコン向けのウェブサイトも閲覧可能なのだが、ひとつ重大な問題がッッッ!!
ウェブを観れば観るほど、どんどんメモリ残量が減っていくのだ。
で、色々試した結果、確証は無いが Cookie が蓄積されているのではないかと考えた。
しかし Cookie だけを削除する方法が無いっぽいので、端末をオールクリア(工場出荷時)して、今度は Cookie を無効にして様子を観ることにした。

期待どおり

このギョーカイ毎度の事だろうが、やっぱし京ポンにも不具合がッ!
アドレス帳データの一部が消失してしまう可能性もあるというもの。
でもって 21日に不具合を修正したファームウェアが公開されるそうで、それまで販売中止だそうな。
心配なのはファームウェアの更新方法だが、さすが DDIポケットの端末だけあってユーザ自らダウンロードしてアップデートすることが可能となっている。
しかもパソコンに接続する必要も無く、端末のみでアップデート可能というから驚きだ。
まさに最初からファームウェアの更新ありきで設計されていたといえよう・・・
日本無線の AH-J3002V の時も散々ファームウェアの更新をやったが、京ポンも例に漏れず楽しませてくれそうだ。

機種変

無事に京ポンをゲットできたので、早速イジくってますが、なかなか好感触だ。
日本無線の AH-J3002V から機種変したワケだが、これの不満点の多くが解消されている。
もちろん、京セラとしてもそのへん意識して開発しているのだろうから当たり前と言えば当たり前なんだろうが、素直に喜びたいですね。
機能的には液晶が QVGA (220×320) になったり、ブラウザが Opera になって Web 閲覧がスゴかったり、オマケ程度だがデジカメが付いたとか表面的にも PHS とは思えない出来の良さなんだが、他にもダイヤルアップやメールアカウントの切り替えとか着メロの保存の取り扱いとか充電器の形状とか USB ケーブル接続部のカバーとか、あ~それからパケット通信中に着信できるようになったのは大きい、もちろん着信しないようにも設定できるがね。

京ポン

本日は DDIポケットの新端末の発売日なのです。
発売日ゲットは無理かと思ったが、ダメモトで 3日前にエッジプラザ行って予約したら、今日電話かかってきて本日お渡しできるとのお知らせがッ!!
でもって帰宅途中にゲット予定!

TOP

プロフィール

対戦ゲームで日々フルボッコにされているヌルゲーマーです。

6年間MMORPGにハマって心身ともに不健康な日々を送り、このままじゃヤバイと足を洗う。
現在はヒマを持て余し、映画を観たり(ほとんどWOWOW)音楽を聴いたり(ほとんどスペシャ)ゲームをしたり(ほとんどPS3とXbox360)まったりと過ごしている。ってほとんどインドア!!

ついったーでゲームのことを中心につぶやいています。
http://twitter.com/kogumach